dredd

 1995年に制作された映画「ジャッジ・ドレッド」は、シルベスター・スタローン主演のSFアクション作品。
 核戦争後の西暦2139年、人類に残された犯罪都市メガシティ・ワンの秩序を回復するための究極の法システム「ジャッジ」たちのバイオレントな活躍を描くという作品でしたが、リメイクされた「DREDD」は、さらに過剰なバイオレンスで描かれる映画になるようです。

 200階建ての犯罪ビルを根城とする麻薬王“マーマ”に挑む、ドレッドら最前線の執行官たちが活躍する映画「DREDD」は、R指定の上をいく堂々たる“ハードR”指定でございます。

続きを読む