付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

トピック


【トピック】ニコラス・ケイジ 事前に「モト冬樹」をNGワードに通達 他いろいろ

ニコラス・ケイジ モト冬樹をNGワードに

映画『魔法使いの弟子』のジャパンプレミアに出席するため来日していた俳優のニコラス・ケイジが、日本のテレビ番組にプロモーション出演する際、事前に「モト冬樹」という言葉を会話に登場させないよう、他の出演者に通達していたことが判明した。

これは7月22日深夜、ニッポン放送系でオンエアーされたラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』にゲスト出演した極楽とんぼの加藤浩次が暴露したもの。

21日、加藤が司会を務める日本テレビ系情報番組『スッキリ!!』にニコラス・ケイジが生出演した際、加藤は事前の打ち合わせにてニコラス・ケイジとのトークの中で、絶対に「頭髪ネタ」を振らないよう言われたというのだ。また、同様に「モト冬樹」という言葉を絶対に発しないでくれと釘を刺されたことも明かした。
 続きは→アメーバニュース



続きを読む

【トピック】手塚治虫の名作、「ブッダ」が吉永小百合ら豪華キャストでアニメ映画化 他いろいろ

(C)2011「手塚修のブッダ」政策委員会
手塚治虫「ブッダ」のアニメ映画化が決定した。「手塚治虫のブッダ」というタイトルで全3部構成、第1部となる「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」が2011年5月28日に公開される。

手塚の最高傑作と讃えられ、アイズナー賞最優秀国際作品部門を2度にわたって受賞した「ブッダ」。その物語の壮大さ故に映像化不可能とされてきたが、東映岡田社長の熱い思いにより構想10年を経てついに映画化実現の運びとなった。
(後略)
手塚治虫「ブッダ」吉永小百合ら豪華キャストで映画化:コミックナタリー

 思い出深い作品ではあるのですが、ビジュアル的に現在の日本のアニメーションは文芸作品(漫画だけど、そう言っていいと思う)の映像化には必ずしも向いていないと管理人は感じています。
 アートアニメ好きの戯言と言ってしまえばそれまでですが、杞憂を払拭させるような作品に仕上げていただきたいな、なんて思いました。

 他いろいろ。例によって多くはないですが。

続きを読む

【トピック】負担増世帯が続出=子ども手当、半額据え置きで―第一生命調査 他いろいろ

騙されやすいのね

負担増世帯が続出=子ども手当、半額据え置きで―第一生命
 第一生命経済研究所は2日、子ども手当の支給額が現行の月額1万3000円に据え置かれた場合の家計(専業主婦世帯)への影響に関する試算をまとめた。それによると、2013年度までに所得税と住民税の年少扶養控除(16歳未満)が廃止されるため、3歳未満の子ども1人の場合では、年収700万円以下の世帯すべてで負担増となる。
 さらに、衆院選マニフェスト(政権公約)で打ち出した配偶者控除の廃止が実施に移されれば、年収300万円、500万円、700万円、1000万円世帯の大半が減収となる計算。財源不足を理由に満額支給(月額2万6000円)を断念した公約修正の問題点が浮き彫りになった。(引用終わり)

騙された リブリンガーTシャツ(ホワイト×ネイビー)騙された リブリンガーTシャツ(ホワイト×ネイビー)


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 以下いろいろ。そんなに多くないすけど。
 ま、がんばります。

続きを読む

【トピック】夢の「やせ薬」作れるかも 脂肪減らすたんぱく質発見  他いろいろ

アルパカ_01アルパカ_02
※画像はアルパカちゃんの剃毛ビフォーアフター。記事とはなんの関係もありません。

さて。

夢の「やせ薬」作れるかも 脂肪減らすたんぱく質発見 - asahi.com
(以下、引用)
 食事制限せずにダイエット成功? 体の脂肪を減らす効果のあるたんぱく質を、東京大の宮崎徹教授(代謝遺伝学)のチームがマウスで見つけた。肥満を抑える薬に応用できる可能性がある。

 減量効果が確認されたのはたんぱく質「AIM」。血液中の免疫細胞が、動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールを取り込む際に作られる。脂肪細胞の中に入れると、血糖から脂肪を作る働きを抑える。このたんぱく質は脂肪細胞に対し、ため込んだ脂肪を使わせることも分かった。


続きを読む

【トピック】三国志の関羽とトランスフォーマーを融合させたロボットのオブジェが中国に現れた 他いろいろ

 これ↓が件の関羽ロボ。
中央美院学生自制国??形金?1

 中国にある中央美術院の卒業生が母校の前に作ったオリジナル作品とのことで、三国志に登場する関羽をモチーフに、トランスフォーマー型ロボットとして完成させたとのこと。
中央美院学生自制国??形金?2

 画像は顔の部分が陰っていて仔細には確認できないものの、関羽の彫刻風イメージに仕上がっている様子。高さ9.7メートル、重さは4トンほど、オリジナルムービーまで制作するこだわりぶりで、中々カッコいいのではないかと。
中央美院学生自制国??形金?3

Via. 三国志の関羽とトランスフォーマーが融合した高さ約10メートルの巨大ロボが登場:Gigazine

 以下は関羽ロボのムービーと気になった記事ランダム。

続きを読む

【トピック】気になった記事なんでも



 サイドバーの動画を変更したので、記録の意味で貼り付けておきます。なんとも愛嬌のあるワンちゃんの笑顔、癒されます。

 続きはトピックス。
 ブラウザのブックマークが飽和状態なので、気になった記事を画像を交えながらランダムに。

続きを読む

【トピック】デビッド・リンチの作ったコーヒーのコマーシャルフィルムがすごすぎる件 他


 日本でもカルト的な人気を誇る映画監督デビッド・リンチはどうやら大変なコーヒー通なのだそうで、自分で豆を有機栽培してウェブで販売までしているのだそう。
 で、デビッド・リンチといえば『ブルーベルベット』や『ツインピークス』などでも有名なわけですが、そのコーヒーのCM映像がリンチ的世界観全開でものすごいことになっているのでご紹介。
 さすがデビッド・リンチ。なまなかのコマーシャリズムなんて屁とも思っていないようです。

オフィシャルサイト。
http://www.davidlynch.com/

 なんちゃって。実はこれ、ファンが制作したものだそうです↓
via.カラパイア:【動画】 デヴィッド・リンチの恐ろCM「リンチ・コーヒー」

デイヴィッド・リンチ・ワールド DVD-BOX【期間限定生産】
アルバトロス (2009-05-02)
売り上げランキング: 19493


 以下、トピックです。続きを読む

【トピック】竹島問題で韓国側の論拠崩す公文書発見 他

竹島問題で韓国側の論拠崩す公文書発見

 日本と韓国が互いに領有権を主張する竹島問題で、韓国側が論拠としている「竹島はわが国と関係ない」とする明治政府の文書「太政官指令」の内容は、現在の竹島(韓国名・独島)を示すのではなく、朝鮮半島沖にある「鬱陵島(うつりようとう)」と判断できる島根県の行政文書が見つかったことが22日、竹島問題研究会への取材で分かった。研究者は「韓国側の主張が崩れる貴重な資料」と注目している。

 太政官指令は明治10年に作成され、「竹島ともう一つの島はわが国と関係がない」と記述しているため、韓国側は「日本が領有権を放棄した」と主張。しかし、明治政府発行の当時の地図では現在の竹島の位置に何もなく、朝鮮半島沖にある鬱陵島が「竹島」「松島」の2つの名前で書かれていることから、太政官指令での竹島はこれまでも鬱陵島を指すとみられていた。

 今回見つかった行政文書は島根県が所蔵し、太政官指令の5年後に作成された明治15年1月31日付の「県治要領」。杉原隆・県竹島研究顧問(71)が当時の外務省関連文書などを調べる過程で見つけた。

 この県治要領では、地元の士族が島根県に出した鬱陵島とみられる「松島」の開拓願いについて、内務省が「松島は朝鮮領」として不許可にした経緯を記述。そのなかに「前に指示した通りわが国に関係ない」という趣旨の記述があった。

 太政官指令と重なり合う内容であることから、太政官指令で表記された竹島は、県治要領で示す松島、つまり現在の鬱陵島とみられる可能性が一層強まったという。

 この問題では現在の竹島が日本領であることを示す19世紀のドイツ製の地図も複数見つかっている。

 同研究会座長を務める下條正男・拓殖大教授は「韓国側が太政官指令を頼りにしてきた論拠が崩れた」と評価している。

 理詰めで応じる相手ならとっくにハーグに出てきているだろうし、この文書も以前の記事で書いたように、さんざん出てきている証拠の一つ。
 相手にとってはカウンターになるようなものじゃないけど、一つ一つ地道に積み上げていけば、いつかは役に立つことがあるかもなー、という感じのものだろうとは思います。

 なにしろ相手は、「そもそも韓国領なのだから出廷すること自体おかしい」という、どう考えてもおかしい主張の上に実効支配しているわけで、そこを覆すには日本が腹をくくるしかない。腹をくくるというのは、場合によっては戦争だってするということなんだけど、日本は外交カードとしての可能性すら自分で放棄しているようなものですから。
 戦争反対の外交なんてありえないし、そんなもの平和主義でもなんでもないんですけどね。

 てなところで、続きには無関係なリンクなどいくつか。

続きを読む

【トピック】ゴキブリを軍事利用:米軍の計画 他

BUNDES~1











 放射能で巨大化したゴキブリが、人類に逆襲しそうな予感……。

 以下、引用。

急速に拡大している米国の「サイボーグ化した動物」による軍隊に、間もなく新兵が加わりそうだ。

 〜中略〜

テキサスA&M大学核科学政策研究所(Nuclear Science and Policy Institute)の技術者チームは、ゴキブリの背中に放射線センサーを取り付けた。さまざまな種類の核物質を調べることが目的だ。これらのゴキブリは遠隔操作できるため、人間にとっては安全でないと思われる汚染の可能性のある地域に放すことができる。

このゴキブリたちは、米国防総省が招集しようと躍起になっている、人間以外の兵士たちの一員になるだろう。国防総省はすでに、サイボーグ化したカブト虫(日本語版記事)のスパイや、飛ぶロボット蛾(日本語版記事)、さらには殺人イルカ(日本語版記事)の計画を展開している。

 〜中略〜

同チームの研究企画書はこう書いている。「ゴキブリは隠れることを好むが、常に人間の近くに存在する。嫌悪する人もいるが、疑いを持たれる可能性は低い」
via:WIRED VISION

 その他は以下から。
続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ