付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ダンス


【動画】ジョージ・タケイのハッピーダンス

Happy Dance

 スタートレックのスールー役で有名な日系アメリカ人二世の俳優ジョージ・タケイさんが、自ら出演するブロードウェイミュージカル「Allegiance」の募金キャンペーンの成功を祝して披露した、ハッピー・ダンス。

 日系アメリカ人強制収容所をテーマとしたミュージカルで、日系アメリカ人の社会的地位向上に大きく寄与しているタケイさんにとっては、まさに切望される仕事。ちなみにタケイさんは2005年にゲイであることをカミングアウトしており、同性愛者への偏見撤廃へ向けての活動も行っています。

続きを読む

【動画】今度はハイウェイでダブステップ

DubStEp

 始めて動画を目にした時の衝撃が忘れられない、独自のダンスを披露するダブステップ・ダンサー。
 正月に放送した「世界1のSHOWタイム」の特番でも出演を果たした彼の名は、マーキューズ・スコット(Marquese Scott)さん。
 管理人も番組見てたんですが、再生レートとか加工してないんだろうかとか書いて正直すまんかった....。

続きを読む

【動画】須藤元気「WORLD ORDER」の "2012"

WORLD ORDER

 以前にも紹介した、元格闘家の須藤元気さん率いるパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」の2012年版。
 今回も作詞/作曲ともに名を連ねています。もう元格闘家の肩書も必要じゃないくらい、多面的な活動をしていますね。
 この人たちのライブは一度見てみたいです。

続きを読む

【動画】ハンド・アイリッシュダンスが面白い

Hands - Up & Over It

 椅子に座ったままリズミカルにテーブルを叩く奇妙なパフォーマンスは「ハンド・アイリッシュダンス」というそうで、一見単純なように見えて実に複雑な動作を必要とします。
 ご覧のパフォーマンスを披露するのは、スザンヌ・クリアリー&ピーター・ハーディングによる“Hands - Up & Over It”というパフォーマンスデュオ。
 すごく面白いですよ。ぜひご覧ください。

続きを読む

【動画】ロシアのシュールな催眠フォークダンス

Берёзка

 スイスイと滑るように移動して踊る女性たち。スカートの下はきっと目まぐるしく足を動かしているんだろうけど、そんなことなど微塵も感じさせないホバークラフトみたいな不思議なダンス。
 ロシアの民族舞踊団”ベリョースカ”によるアンサンブルなのだとか。
 ちなみに、タイトルの催眠フォークダンスというのはソースから引用。見てると眠くなるようなことは別にないですww

続きを読む

【動画】万里の長城でダブステップ

DUBSTEP

 以前の記事でもご紹介した、神懸かりな動きを見せるダブステップの人の最新動画。今度は万里の長城へ出向いてダブステップを披露しています。
 相変わらず凄すぎる。
 ほんとに再生レートとか加工していないんだろうか。一度テレビ出演でもして、生のダンスを披露してくれないかしらん。

続きを読む

【動画】光と影のダンスパフォーマンス - KAGEMU

kagemu

 KAGEMU(カゲム)はORIENTARHYTHMのサカクラ カツミ氏と、映像クリエイターのハナブサ ノブユキ氏によるライブパフォーマンス・ユニット。
 プロジェクターを用いた映像と和モチーフのダンスを融合させたパフォーマンスが特徴で、上海万博でのパフォーマンスをはじめ、内外問わず活動の幅を広げているみたいです。
 ご紹介の動画は、彼らがパリで行ったパフォーマンスの映像。なかなかカッコいい。

続きを読む

【画像】20世紀モダンダンスの源流『デニショーン舞踏団』のレトロ写真(26枚)

top

 1925年にテッド・ショーン(Ted Shawn)とルース・セント・デニス(Ruth St. Denis)がロサンゼルスに創設したデニショーン舞踏団(Denishawn School of Dancing and Related Arts)は、20世紀アメリカのモダンダンスの源流。テッドとデニスは夫婦で、「デニショーン」という名称は2人のファミリー・ネームを組み合わせたもの。
 ヨーロッパではニジンスキーなどが活躍する時代、アメリカでの前衛的な舞踏集団の先駆けとして極めて重要な存在なのだそうです。
 ちなみに、日本では大正14年9月とアジア巡業の帰路に立ち寄った翌15年10月に、2度にわたって来日公演を行っています。

続きを読む

【動画】なんだこの動きは!? 目が点になる『ダブステップ』ダンス

PUMPED UP KICKS_DUBSTEP

 ダブステップはロンドンで誕生したエレクトロニック・ダンス・ミュージックの一種なのだそうですよ。
 とにかく凄いとしか言いようのない無重力感あふれるダンス。くねくね感もハンパないです。新次元のパフォーマンスをお楽しみください。

続きを読む

【動画】ダンススタイル100年の変化を100秒で

100_YEARS_STYLE_EAST_LONDON

 イーストロンドン・スタイルのダンス100年の変化を、100秒で一望できてしまうという、実にブリリアントな動画。
 東ロンドンの各所をロケ地に、何百回もの衣装の変更を繰り返したという動画で、四日間にわたって撮影されたものだとか。素人目にもカット割りなど大変な手間と計算が必要だったのじゃないかと思います。

続きを読む

【動画】ドロイド君ふたたび - 今度はカップルでクレイジーダンス

Crazy Again

 以前にもに取り上げたことのあるドロイド君のクレイジーダンスが、今度はピンクのドロイドちゃん(?)とツーショットのダンス!
 場所は台北で行われたアプリケーション・ショーの会場。2人息を合わせて踊ってる、と思ったら、動画の1分辺りからエンジンがかかり始めます。もしかしたら以前よりもキレが増しているかもしれない、ドロイド君のアッパーすぎるダンスをお楽しみください。

続きを読む

【動画】電球のダンス

ballet bombilla

 すごくエレガントな、電球のバレエ!

 説明が一切見当たらないので詳細は不明ですが、おそらく大道芸か小さな劇場で活動しているパフォーマーさんだと思う。モレナのフェスティバルで行われた動画も上がっていたので、たぶん間違いない。
 9分少々と長めの動画ですが、まったく飽きずに見入ってしまいました。

続きを読む

【画像】エレクトリック・デイジー・カーニバル2011 - ラスベガスを盛り上げたレイヴ・フェスティバル(動画あり)

carnival_05

 エレクトリック・デイジー・カーニバル(EDC)は、1997年からカリフォルニアを中心に毎年行われているダンスフェスティバル。今年はラスベガスに場所を移して開催されました。アメリカでは3〜4万人レベルの大規模な商業系レイブをMASSIVE(マッシブ)と呼ぶそうで、ロサンジェルスではこのような大規模レイブが年間を通して5、6回は行われているらしい。

 2010年のイベントではエキサイトした観客の将棋倒しが発生するなどしましたが、今年は事故もなく無事に終了、7万人〜8万人という集客数で6月最後のウイークエンドを盛り上げました。

続きを読む

【動画】アンチ重力ダンスがすごすぎる

Praha Opening

 スカイダイビング・アリーナという、チェコのプラハにあるという世界で唯一のスカイダイビング施設によるデモンストレーションの様子。
 華麗に宙を舞っているのは4人のスカイダイバーですが、音楽とのシンクロ率といい、なんかいろいろとスゴイ。

続きを読む

【動画】Android のマスコット [ドロイド君] のダンスがヤバすぎる



 台湾でおこなわれた Android携帯 Xperia のイベントで、人外のダンスを披露するマスコットロボット[ドロイド君]。
 想像以上にヤバくてワロタ。なんでこんな動きができるんだww

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ