付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

タトゥー


【画像】タイの刺青は神々の言葉をまとう。タイ伝統の『ヤントラ』タトゥーが魅力的(10枚)

Thailand’s-Magical-Tattoos

 宗教人口のおよそ95%を仏教徒が占める“微笑みの国”タイでは、憲法上はともかく、仏歴の使用や王室が仏教徒である点も含め、事実上の国教は仏教であるというのが一般的な認識であるようです。
 そんなタイで、仏教寺院での装飾的なデザインとして吸収されているのが、ヒンドゥー教。とはいえ、れっきとした信仰の対象ではあるわけで、ご紹介する『ヤントラ』タトゥーも「護符」のような意味合いを備えているようです。

続きを読む

【画像】グラフィックアートとしてのタトゥー、「Xoil」のフォトショ・スタイル(30枚)

xoil

 フランス人タトゥーアーティスト、Xoil さんによる斬新なタトゥーデザインいろいろ。彼の独特のスタイルは、「Photoshop Style」と呼ばれているのだとか。
 完全にグラフィックアートですね。毛筆のかすれた表現とか、技術的にもかなり高いものがあるように思う。

続きを読む

【画像】セクシー美女と拳銃のタトゥー(36枚)

Girls with Gun Tattoos

 久々のタトゥー画像ですが、今回は Guns.com の特集した、拳銃タトゥーのデザインと綺麗なお姉さんの画像集です。
 ともすれば男性性の象徴とも取れる拳銃ですが、こういう武骨なデザインのタトゥーを女性が入れているギャップがまた良かったりとかなんとか。

続きを読む

【動画】ナイジェリアの奇妙なファッション、下唇にタトゥー「Pink Lips」

Crazy Fashion

 ナイジェリアのラゴスにある、とあるタトゥー・パーラーでは下唇を鮮やかなピンクに染めるというファッションが人気を集める傾向にあるそうで、日に10人ほどの客が訪れるそうです。
 料金は700ナイラ(30ドル)、約2700円ほどだそうで、ナイジェリアの物価は知らないけどお安くはないんじゃないだろうか。どうして墨を入れちゃうのかなあ、口紅にすればいいのにと思った動画でした。

続きを読む

【画像】19世紀の日本の飛脚と刺青のレトロ写真(9枚)

01

 近年ではタトゥーと混同されることも多いようですが、ご紹介するのは、いわゆる和彫りを施した江戸時代後期の飛脚の古写真。
 古くより文身(ぶんしん)、彫り物、箚青(とうせい)、紋々(もんもん)など様々な呼び方があるわけですが、江戸時代の犯罪者が刑罰として彫られたものを「入れ墨」と呼び、彼らのように粋で彫るものを「刺青(しせい)」と呼んで区別していたというのを何かで読んだ記憶があります。

 当時撮影された写真の多くは土産品として販売されたものだと聞きますが、紹介する写真にも白黒写真に彩色で刺青模様を施したものが混じっており、そうした用途を感じさせますね。

続きを読む

【画像】ソビエト暗黒街のシンボル、囚人たちのタトゥー・コレクション(14枚)

Sergei Vasiliev 14

 ロシア出身の写真家セルゲイ・ワシリエフ氏により1989年から1993年の間に撮影されたという、ロシアの囚人たちのタトゥーコレクション。
 いまだKGBによる厳しい抑圧が続けられていた中で、およそ権力闘争のピークであったというロシアのギャングスターたちのタトゥーは、図像のそれぞれに特殊な意味を持つ、シンボリックな存在であったらしい。
 書籍化もされているタトゥーのカタログは、膨大な数に及ぶようです。

続きを読む

【話題】全身に90%のタトゥー男が、チェコの大統領選挙に立候補(画像24枚)

Vladimir Franz 23

 2013年にチェコで行われる大統領選挙に、異様な外観の人物が立候補を表明したことが話題となっています。
 彼の名はウラジーミル・フランツ。プラハ芸術アカデミーの教授という肩書を持ち、音楽家兼ステージデザイナー、また画家でもあるというフランツ氏は全身の約90パーセントをタトゥーに覆い尽くされています。

続きを読む

【話題】シベリアの永久凍土から発見、2500年前の王女のタトゥー

tattoos of a Siberian princess 01

 アルタイ山脈地方、ウコク高原の永久凍土から発見されたミイラは、ウコクの女王、あるいはアイス・プリンセスと呼ばれています。
 古代ギリシャの歴史家であり、“歴史の父”と称されるヘロドトスが紀元前5世紀に記した遊牧民の姿は、アルタイ地方のパジリク古墳群に見られる人々を示すと考えられており、発掘されたミイラに見られる華麗なタトゥーは「もっとも精巧な古代の刺青」として知られています。

続きを読む

【閲覧注意】身体改造にハマった人々、ボディ・モディフィケーション画像(37枚)

13

 久々の身体改造系エントリーです。なかなか面白い画像をまとめてる記事をめっけたので。
 これといってコメントすることもないわけですが、とりあえずトップ画像の人がファンキーすぎてワロタ。なお、以下の画像はこんな愉快な人の画像ばかりではないので、苦手な人は閲覧注意。

続きを読む

【画像】ヴァンパイア・ウーマンの日常生活(25枚)

img-04

 身体改造系を取り上げようとすると結構な確率で割り込んでくる、“ヴァンパイア・ウーマン”ことマリア・ホセ・クリスターナさん。
 以前にも触れましたが、彼女はメキシコ生まれのタトゥーアーティスト。弁護士資格を持つ才女で、かつ4児の母という女性です。

 当然のことながらマリアさんにも平凡な生活があるというわけで、今回はそんな生活感あふれるヴァンパイア的な日常の活写。
 なんとなく今まで以上に親近感持ってみたりして。

続きを読む

【画像】オーストラリア最大のタトゥーイベントが開催される(18枚)

2012 tattoo expo-13

 豪州最大のタトゥーイベント「シドニー・タトゥー&ボディーアートエキスポ(Sydney Tattoo and Body Art Expo)」が開かれ、世界各地からタトゥーアーティストやピアッシングの専門家たちが集まりました。
 今年で4回目を迎えるそうですが、皆さんエンジョイしている様子。

続きを読む

【動画】初音ミクを腕に刺青、ニュージャンル「痛トゥー」が登場

itattoo

 まあニュージャンルといっても、かねてから映画やアメコミのキャラクターや企業ロゴ、芸能人などの“痛い”タトゥーは見られたわけですが、ここまでみっくみくにしてやんよなタトゥーは初めて見ました。

 動画のコメント欄に「痛トゥー」という言葉が登場し、これはネーミングがまさに絶妙。7分ほどの動画でコロンビア人男性が痛トゥーを彫り入れる様子が撮影されているんですが、これは完成度も高いほうです。
 痛トゥー専門の職人さんでもいるんでしょか。

続きを読む

【画像】タトゥー美女のセクシー画像集6回目(29枚)

tumblr_lsd19keV6K1qbz6f6o1_500

 だいたい6回目くらいのタトゥーお姉さんの画像集。
 たまにはお色気も入れないとダメかもしれないとか、ここ最近さがりっ放しのアクセス解析みて思いますた。カンフル剤、カンフル剤っと。

続きを読む

【画像】ベネズエラで行われた肉体改造の祭典「タトゥー・エキスポ 2012」(26枚)

venezuela_tattoo_show_07

 久々の身体改造系エントリ。
 南米ベネズエラの首都カラカスで、盛大なタトゥーの祭典「ベネズエラ・エキスポ・タトゥー 2012」が開催されました。
 タトゥーエキスポが行われたのは先月28日、メキシコのヴァンパイアウーマンこと Maria Jose Cristerna も招待され、タトゥーのみならずボディモディフィケーションの猛者やタトゥーアーティストたち200人ほどがアルゼンチン、メキシコなど世界各国から集結したそうです。

続きを読む

【画像】米軍兵士のタトゥー画像(12枚)

war_tattoo_00

 2003年、アメリカ主導により行われたイラク戦争は、12月15日にオバマ大統領により行われた終結宣言によって一応の完結を見ました。
 結局は米軍の完全撤退によって終結を見た曖昧な戦争になってしまいましたが、2011年を振り返る上でこれもまた記録しておくべき出来事の一つだろうと思います。

 というわけで、前置きと関係あるような無いような、米軍兵士のタトゥー画像を12枚。火薬による火傷痕や弾痕など、それなりに生々しさを読み取れるのがリアルです。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード