付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

タイ


【画像】タイの刺青は神々の言葉をまとう。タイ伝統の『ヤントラ』タトゥーが魅力的(10枚)

Thailand’s-Magical-Tattoos

 宗教人口のおよそ95%を仏教徒が占める“微笑みの国”タイでは、憲法上はともかく、仏歴の使用や王室が仏教徒である点も含め、事実上の国教は仏教であるというのが一般的な認識であるようです。
 そんなタイで、仏教寺院での装飾的なデザインとして吸収されているのが、ヒンドゥー教。とはいえ、れっきとした信仰の対象ではあるわけで、ご紹介する『ヤントラ』タトゥーも「護符」のような意味合いを備えているようです。

続きを読む

【画像】タイの少年売春の実態、フォトシリーズ「Underage」(動画あり)

malchikiprostituti-6

 写真家の Ohm Phanphiroj 氏によるプロジェクト「Underage」は、微笑みの国タイで行われている非合法な少年売春の実情を写し出そうとするもの。
 こうした少年たちの多くが異性愛者である自分を自覚しながら、お金のためにゲイの男性に体を売っており、またそのほとんどが女性との性交渉の経験を持っていないといいます
 10代の少年たちによる売春行為はタイの社会の根深い問題を現わしていると語る Phanphiroj 氏。少年男娼たちの個人データを示しながら、彼のシリーズ「Underage」は続けられています。

続きを読む

【話題】象の糞から作られる幻の高級コーヒー「ブラック・アイボリー」

slide_268380_1853268_free

 ゴールデントライアングルといえば、つい世界最大の麻薬製造地帯というイメージを喚起してしまいますが、どうやら象のウンチコーヒーのゴールデンな製造地帯でもあったようです。
 黄金の三角地帯に接するタイ北部の緑豊かな丘陵地帯では、20頭ほどの象の群れが世界で最も高価なコーヒーを製造しているのだそう。
 ブラック・アイボリーと呼ばれるそのコーヒーは、象が排泄した豆から作られる希少なコーヒー。キロ当たり1100ドル(約9万円)ほどで取引されており、世界で最も高価なコーヒーだといわれているそうです。

続きを読む

【画像】毎年恒例、タイの奇祭「ベジタリアン・フェスティバル」が開催(閲覧注意)

veg-0008

 毎年お届けしている気がする、タイのプーケットで行われる恒例の「ベジタリアン・フェスティバル」が今年も開催されています。
 太陰暦9番目の太陰月に行われるトランス入ってるフェスティバルで、徹底的な菜食で身を清め、体の一部を刃物で貫いたり、熱した石炭の上を素足で歩くなどの過激な行事が行われます。
 祭は9日間にわたって開催されるようです。

続きを読む

【動画】サイバーパンクなバンコクの街、SFショート「TRUE SKIN」

TRUE SKIN

 ARやボディーパーツ、ロボットによる世界の拡張が当たり前となった未来社会、タイ・バンコクを舞台に描かれるSFショートフィルム。
 Stephan Zlotescu 監督による「TRUE SKIN」は、人いきれに満ちた雑多な街並みとサイバー世界の共存が面白い作品。

続きを読む

【画像】タイの洪水ハックが凄すぎる(21枚)

tumblr_luov3lrzFr1r6pia1o1_1280

 微笑みの国は明るくたくましく。

 7月に発生して今なお被害が続くタイの洪水ですが、死亡者はすでに500人を超え、被害総額は約4000億円に上るのだとか。
 まさに未曾有の大水害なわけですが、その被害状況に比べて、ネットに流れるタイの人々の顔は不思議と明るいものばかり。
 まるで巨大なプールで遊んでいるかのように、様々の知恵を使ってしぶとく生活する人々の写真をご覧ください。日本が失った庶民の逞しい姿に、何故か憧憬のようなものを感じてしまいます。

続きを読む

【話題】“男の娘”の花園!? タイに「レディーボーイ大学」が誕生

4490f874
(画像はイメージ)

 さすがニューハーフ先進国というべきか、“微笑みの国”タイに「レディーボーイ大学」が開校したとして話題となっています。

 レディーボーイ大学こと『スワンドゥシット大学』があるのは、タイの首都バンコク。スワンドゥシット大学は経済学部や科学技術研究学部などを有するれっきとして大学で、オネェ系としての心得とかトランスジェンダーの在り方などを学ぶ大学というわけではないようです。
 では現実のニューハーフ大学は、女の子よりも可愛い「男の娘」たちの花園となっているのか、画像を交えて見てみましょう。

続きを読む

【閲覧注意】毎年恒例、タイのベジタリアンフェスティバル(23枚)

vegetarian_023

 毎年恒例、タイのプーケットで行われる「ベジタリアンフェスティバル」が今年も行われたようのでご紹介。
 太陰暦9番目の太陰月に行われるタイの恒例行事で、徹底的な菜食で心と体を清め、健康・幸福・平安を祈るお祭りなんですが、ちょっとトランス入ってる過激なフェスティバル。今年は10月3日から執り行われたようです。

 相変わらずの痛々しさですが、地元の人は慣れちゃってるんでしょうね。日本でこんなお祭りしたら、心臓止まるお年寄りとか出ちゃいそうですが。

続きを読む

【動画】タイの美容テクニック「乳叩き」が女性に人気

Breast Slapping Beauty

 ペチペチペチペチとにかく叩きます。
 この奇妙なエステを提案しているのは、この道20年という美容師の Khunying Tobnom さん(44歳)。政府の承認も得ているという「おっぱい叩き」ですが、なにも叩くのは胸ばかりではありません。
 お尻からつま先、顔や頭のてっぺんまで全身くまなくペチペチと目まぐるしく叩いていくのですが、始めた当初は理解者の少なかった美容法も、今では訓練を受けたいという生徒の申し込みが40人ほども訪れているのだそうで、非常に人気となっているのだそうです。

続きを読む

【閲覧注意】タイのグロテスクなパン屋さん、食べられる人体パーツを食卓へお届け(動画あり)

Most_Bizzare_Bakery_In_Thailand_03jpg

 タイのラーチャブリー県にある不気味な人体パン屋さんは2006年から営業を始めており、店主の Kittiwat Unarrom さんはパン生地、レーズン、カシューナッツ、チョコレートなどからこれらのリアルな人体パンを製造しています。バンコクからけっこうな距離にある場所だそうですが人気は上々で、見学ツアーまであるそうです。

 美術の修士号を持つ Unarrom さんは、芸術がギャラリーや美術館だけに限られるのはおかしいと話しており、切断された人体パーツ、各種臓器などを驚くべきリアルさで作り上げます。
 というわけで、以下の画像は閲覧注意です。

続きを読む

【話題】2歳のチンパンジーがトラの赤ちゃんのお母さんになった(動画あり)

article-0-0D39A9A000000578-239_634x453

 タイにある“サムットプラカーン クロコダイルファーム&ズー(ワニ農場&動物園)”で話題となっているのは、母性本能に目覚めたチンパンジーが、虎の赤ちゃんにミルクを与える光景。
 生後2か月の虎の赤ちゃんは Aorn といい、ミルクを与えているのは Do Do 、2歳になるチンパンジーです。

続きを読む

【話題】タイの女子大生ポータルサイトが熱い!

 com

 このクソ熱い昨今、いっそのこともっと熱い南の国へエスケープしたいと考える向きもいるかもしれない。
 そんな人に朗報と言えるのが、東南アジアの微笑みの国・タイの女子大生の制服に徹底してこだわった“熱い”サイト、その名も university uniform . com(大学の制服ドットコム)。
 内容を大まかに説明すると、

・タイの大学生御用達、総合的な制服事情にこだわったサイト構成
・女子の制服だけではなく、男子学生の制服やベルトなどの小物も紹介
・タイの女子大生の画像や動画を無理やりなほど紹介
・制服専門店の紹介
・各大学のニュースやコミュニティーの紹介
・なぜかゲームショーのお姉さんやコスプレ事情も紹介

 などなど、かゆい所に手の届くコンテンツとなっており、まさにタイ大学生の制服における総合ポータルサイトといえる内容になっています。

続きを読む

【画像】タイの真っ白なファンキー寺院『ワットロンクン』

church_02

 微笑みの国・タイの寺院といえば金、赤、緑といった極彩色のコントラストが思い浮かびますが、ご紹介の寺は見渡すかぎり白亜の建造体のひしめく珍しいものとなっています。その名を『ワットロンクン(Wat Rong Khun)』といいまして、タイ北部チェンライの郊外にあるという寺ですが、この寺の設計をおこなったのはチャルームチャイ・コーシットピパットという画家の方で、タイでは著名な人物であるらしい。

 寺というよりはオブジェの集合体といった雰囲気ですが、ウボソと呼ばれる本殿には仏像が鎮座しており、チャルームチャイ氏直筆の壁画にはスーパーマンや宇宙船に乗るウルトラマンタロウ(のようなヒーロー)が登場し、スターウォーズ風の宇宙絵巻まで展開するファンキーな異空間となっています。

続きを読む

【画像】過激すぎるピアッシング - タイのベジタリアンフェスティバルが怖い

extreme-piercing-for-the-love-of-gods03

 タイで毎年行われている“プーケット”というお祭りは太陰暦9月の最初の夜に始まるらしく、1825年に起源を遡れるという由緒あるフェスティバルだそうなんです。祭事の期間中は身体や台所用品を清潔に保ち、肉やアルコールを口にせず、異性との接触もしてはならないなどの10ヶ条があるようで、昨年は10月8日〜16日にかけて行われたのだとか。

 しかし一方で、タイ語で『キン・チェー(菜食)』を謳うフェスティバルとは思えない「イタい」お祭りでもありまして、九皇大帝に捧ぐ串刺しフェスティバルの方が現在では有名かもしれない....というわけで、痛みを奉納している人々はほとんどトランス状態。

(※刺激的な画像なので注意喚起です)

続きを読む

【画像】タイで発見されたUMAは偶蹄目系?

clip_image006[3]

 ご覧の画像はタイで発見された謎の生物とのことですが、詳細については不明で、地域の人たちからある種の信仰を集めているとのことです。蹄(ひづめ)が確認できますから、偶蹄目の奇形でしょうか。
 全身が白く見えるのはベビーパウダーをまぶされているからだそうで、住民が大切に扱おうとした結果なのでしょう。
 先にご紹介した人間の赤ちゃんのような子犬とは違い、浮腫の一種ではなさそうですが、まるで人間の子供のように不自然に仰向けに寝かされている様子は共通していますね。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード