付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ゾートロープ


【動画】レコード盤で再現するフェナキスト・スコープ『Plastic Infinite』

Plastic-infinite-x2

 1831年にゾートロープに先んじて発明されたフェナキストスコープは、ベルギーの物理学者ジョゼフ・プラトーとオーストリアの発明家サイモン・フォン・スタンプファーが同時期に発明したとされる、アニメーションのルーツ的存在。
 別名ステレオ・ディスクとも呼ばれますが、残像現象を利用したフェナキストスコープをビニール盤で再現したのが、動画の『プラスティック・インフィニティ』と呼ばれる美しいレコード。百聞は一見にしかず、見ればすぐわかるとってもサイケでファンタスティックな作品です。

続きを読む

【動画】ストロボ光を利用したシュールな立体ゾートロープ

432131151_640

 デジタル・マガジンの VICE とインテルが主催するクリエイターズ・プロジェクトに出展されたものの中から、立体的に表現されたゾートロープをご紹介。
 グレゴリー・バーサミアンによる奇妙なアニメーション彫刻は、ユング心理学にインスパイアを受けたという作品。1834年にウィリアム・ジョージ・ホーナーが発明したゾートロープ(回転覗き絵)ですが、立体作品においても基本的なアニメーションの仕組みを楽しむことができます。

続きを読む

【動画】高さ2メートル強!「モンティ・パイソン」の巨大ゾートロープ

Phonotrope

 これまでにも何度かご紹介した、「回転のぞき絵」ことゾートロープ(ゾーエトロープ)の動画。
 BBCで放送される「モンティ・パイソン」のドキュメンタリー用に製作されたもののようで、原題では「Holy Flying Circus(空飛ぶ聖なるサーカス)」となっていて、説明には“Phonotrope”とあります。
 冒頭2分ほどはメイキング映像が続きますので、せっかちな人は飛ばして観るのもいいかと。
 高さ2メートルを超える巨大なゾートロープで、すごい大作。

続きを読む

【動画】お菓子を使ったスイーツな『ゾーエトロープ』

Alimation

 ゾーエトロープ(英: Zoetrope、仏: Zootrope)とはいわゆる「回転のぞき絵」のことで、ゾエトロープ、ゾートロープともいうのだそう。
 個人的にはゾーエトロープという表記が一番好きなので用いてきましたが、ググると付録部の記事が上位で出てくるくらいだから、「ゾートロープ」が一般的なのかもしれない(笑)

 というのは蛇足ですから置いておくとして、ご紹介するのはパリ在住の Alexandre Dubosc さんの製作した、お菓子を用いたキュートなゾートロープ。ミュージックビデオやフードアートを得意とするディレクターさんのようですが、ビデオはとても素敵ですので、ぜひご覧になってください。

続きを読む

【動画】自転車の車輪で再現したゾーエトロープ

Cyclotrope

 ゾーエトロープ(ゾートロープ)はヴィクトリア朝時代から貴族の間で楽しまれていたといいますが、円筒状の装置を回転させて、スリットの間を覗き込むと内側に描かれた絵が動いて見えるというもので、皆さんも子供のころには実験してみたかもしれない。
 まさに映画やアニメーションの起源ともいえるゾーエトロープですが、ご紹介するのはそのゾーエトロープを自転車の車輪を使って再現してみたという動画で、名づけてサイクロトロープ。
 シンプルなんだけど着想がすごく面白い。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード