付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ゾンビ

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

【動画】ゾンビから逃げ切れ! 生と死の鬼ごっこ『ZOMBIE PARKOUR THE MOVIE』

zp

 ある朝、市内のほぼすべての住民が命を失った。原因は不明。
 全ての電子機器は停止し、3000万を越えるゾンビに包囲された街では、生き残った住民たちも次々とゾンビの餌食になっていく.... 残された道は、ただ生き延びるために逃げ切るのみ。
 そんな設定で描かれるショートムービー「ゾンビ・パルクール」ですが、映像的には特にこれといったストーリーもオチもなく、ただフリーランナーたちがゾンビ黙示録後の街を逃げのびようとするというもの。
 シンプルなんですが、観ていてちょっとドキドキした。

続きを読む

【動画】ゾンビ発生後の少年少女、ショートフィルム「I Love Sarah Jane」

sarah-jane

 ゾンビ発生後の街に残された子供たちを描いたショートフィルム「アイ・ラブ・サラ・ジェーン」は、映画「メタル・ヘッド」で長編デビューを果たしたスペンサー・サッサーの出世作となった作品。
 ゾンビと化した父親の対処に悩む少女・サラと、彼女の父親であるゾンビに悪さをする少年たちとの確執と結末を描くストーリー。
 2008年のサンダンス映画祭で上映されたものですが、VICEで高画質の動画が無料公開されていたのでご紹介。主人公のサラ・ジェーンを、「アリス・イン・ワンダーランド」でアリス役を演じたミア・ワシコウスカが演じています。

続きを読む

【動画】ゾンビになっても娘は護る、愛と感動のゾンビ短編映画「CARGO」

cargo

 あらゆる媒体でバリエーションが生み出され続けるゾンビ世界ですが、ご紹介する作品はゾンビの恐怖を描くのではなく、ゾンビを通して父親の愛を描いたショートフィルム「CARGO」。
 ゾンビ黙示録後の荒廃した世界で、ゾンビに変わる恐怖と戦いながらも、幼い娘を救おうとする父親の姿が胸を打つ短編作品です。
 感動ゾンビ映画「CARGO」は、バルーン(風船)を課題とした短編映画の祭典“TROPFEST AUSTRALIA”で、ファイナリストの一つに選ばれています。

続きを読む

【話題】私は生きる屍、自分を「ゾンビ」のようだと思いこむコタール症候群

Cotards-Syndrome top

 世界でも珍しい精神疾患の一つに数えられる「コタール症候群(Cotard's syndrome)」は、いわば自らの肉体を「死体」あるいは「朽ち果てていく」と信じこむ、“身体性の否定”に根差した精神疾患だという。
 全米を震撼させたゾンビ・アポカリプスも過去のことになりつつありますが、こちらは精神的な意味で自らを「ゾンビ」であると信じて疑わない、現在も存在する病であるようです。

続きを読む

【動画】ジーザス怒りの鉄拳!イエスvsゾンビの肉弾アクション「FIST OF JESUS」

fistofjesus

 スペインの映像製作チーム、David Munoz & Adrian Cardona らが長編映画「Once Upon a Time in Jerusalem(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・エルサレム)」製作のための出資を募る目的で作られたというショートフィルム、その名も「イエスの拳(Fist of Jesus)」。
 というか、そんな長編よりこっちを長編化しろという要望が多数寄せられることがフツーに予想される、トンデモ切り株映画です。

続きを読む

【動画】ゾンビ映画の金字塔「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」の3バージョンを見比べてみる

night_of_the_living_dead_by_johnnymex-d5hzvxj

 1968年製作の「ナイト・オブ・リビングデッド」は、ジョージ・A・ロメロがジョン・A・ラッソの原作を映画化した記念碑的なカルト作品。
 現在はニューヨーク近代美術館にも所蔵されるカルト・クラシックとなっていますが、その後に無数に作られるゾンビ映画の礎となっており、今なお強烈な存在感を放っている作品です。
 そんなナイト・オブ・ザ・リビングデッドですが、大きく分けて3種類のバージョンが確認されているようです。

続きを読む

【話題】テレビ局がハッキングされ、“ゾンビ出現”の緊急警報が流される(アメリカ)

zombie-walk-flickr

 米モンタナ州のローカルテレビ局 KRTV の緊急警報システムが何者かにハッキングされ、アラートメッセージと共にゾンビの発生を警告する音声が流される事例が発生したもようです。
 KRTV.com によると、11日(月曜日)に KRTV とそのCWステーションの緊急警報システム(EAS)にハッカーが侵入、アラートメッセージが外部からの侵入によって流されたとのこと。

続きを読む

【動画】サム・ライミの未公開短編映画「Within the Woods(1978)」フルムービー

within-the-woods

 長編デビュー作である「死霊のはらわた」を皮切りにカルト作家としての評価を不動のものとしたサム・ライミ監督が、映画「スパイダーマン」3部作でメジャー監督としての評価を得ることになったのも懐かしい感じがしてしまいますが、そんなライミ監督が学生時代に友人のブルース・キャンベルらと撮影した幻の8ミリ作品が「Within the Woods」。

 もちろん日本未公開作品で、この作品が好評だったことから16ミリで撮影されたのが、かの「死霊のはらわた」となりますから、カルト中のカルト作といってもいいでしょうか。
 ノイズだらけで画面も暗くて見づらい映像ですが、それも味わいという感じな30分のフルムービーです。

続きを読む

【動画】ゾンビと銃弾とダンス「THE DANCING DEAD」が面白すぎる

THE DANCING DEAD

 マドンナのバックダンサーとして注目を浴びたダニエル・クラウド・カンポスですが、本業のダンサーの他にも映像制作や俳優として活動するなどマルチな奴なわけだったりするのです。
 で、そんなダニエルさんが制作したゾンビ・ダンスの動画が注目を浴びているわけで、MJのスリラーに始まり、ゾンビとダンスの親和性の高さに新たな領域を切り開いたかもしれない、そんな動画。

続きを読む

【動画】神の粒子が生んだゾンビ映画「DECAY」フルムービーがついに公開!

483570_504074899623266_442830133_n

 たっぷり1時間16分ですよー!
 神の粒子ことヒッグス粒子(場)の発見に多大な貢献をした、欧州原子核研究機構「CERN」の実験施設を舞台に、無名の大学院生たちが制作した低予算ホラームービーの大力作「DECAY」。
 概要については以前にお知らせしたとおりですが、予告通りにとうとう全編の無料公開が開始されています。

 大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を舞台に撮影された「DECAY」は、神の粒子により誕生したゾンビの描写もさることながら、世界最高の研究施設内で撮影された、そのロケーションにも見所が多く含まれています。

続きを読む

【動画】決戦はスタジアムだ! ゾンビVSアスリートの頂上決戦「XXL - zombie」

XXL

 北欧ノルウェーのスポーツ用品店XXLのプロモーションのために製作されたという、ゾンビ対アスリートの頂上決戦を描くオモシロ映像。
 突如町に出現した無数のゾンビと相まみえるのは、百戦錬磨のアスリートたち。スポーツ用品店のコマーシャルらしく、ゾンビと戦うのもアスリートの鍛えられた技と肉体というわけで、めちゃ楽しい。

続きを読む

【映画】ゾンビとのラブストーリーきた! 純愛ゾンビ・ムービー「Warm Bodies」予告編

Warm Bodies

 作家アイザック・マリオンのデビュー小説を映画化した「Warm Bodies」は、Wikipedia によれば、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」をモチーフとした純愛ゾンビ映画。
 世にも珍しい青春ゾンビ・ラブストーリーを手掛けたのは、「マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生」のジョナサン・レヴァイン監督。ゾンビ・ウイルスが蔓延するポスト黙示録なアメリカを舞台に、“R”と呼ばれるイケメン・ゾンビと少女ジュリーの道ならぬ恋(?)を描くものらしい。
 2013年2月1日公開予定ですが、日本での公開は未定のようです。

続きを読む

【映画】黙示録はここにある! 史上空前のゾンビ大戦争ムービー「WORLD WAR Z」予告編

World War Z

 雪崩のごとく押し寄せる、ゾンビ、ゾンビ、ゾンビ!!!

 全世界でアウトブレイクしたゾンビとの終末戦争「世界Z大戦」を生存者のインタビュー形式でつづったという、マックス・ブルックスのカタストロフ小説は本国アメリカで大ヒット。ディカプリオと映画化権の取得を争ったブラピが自身の主演で製作したという、史上空前のゾンビ大戦争映画「World War Z」は、2013年6月21日の全米公開が予定されています。
 それにしても、ここまで多量のゾンビをスペクタクルとして見せた作品は前代未聞じゃないでしょうか。もはやゾンビの液状化現象です。

続きを読む

【動画】巨大加速器「LHC」でゾンビ発生! CERNで撮影されたホラー映画「DECAY」

DECAY

 無名の大学院生が大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を舞台に撮影したという「DECAY(崩壊)」は、先ごろ存在が確認されたヒッグス粒子にさらされたことで、施設内にゾンビが発生してしまうというホラームービー。
 欧州原子核研究機構(CERN)内にある保守トンネルの「暗く気味の悪い雰囲気」がホラー映画にぴったりだと思ったと語るのは、映画の脚本と監督を担当したルーク・トンプソン氏。

 撮影は重要なトンネルで行われたものではないと強調する CERN ですが、実に興味をそそられる撮影背景と共に、エキサイティングな仕上がりを予感させる予告編を続きからどうぞ。

続きを読む

【動画】ヴィクトリア朝のゾンビ現る、ショートホラー「Victorian Undead」

VictorianUndead_screen1

 有りそうで無かった、無さそうで有った? 
 Paravel Films 制作の、ヴィクトリア朝時代にもしゾンビが現れたら? という、小ネタ的なショートフィルム。
 もうひとひねり欲しかった気がするけど、この後がどうなるんだろうとか想像すると色々と楽しい。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード