australopithecus-sediba-secrets-revealed

 2008年に南アフリカ共和国マラバ地方で発見された200万年前の霊長類の骨格が、道具を使用していた可能性が明らかになりました。

 セディバ猿人(アウストラロピテクス・セディバ:Australopithecus sediba)と名付けられた化石からは現生人類と猿人の特徴を併せ持つ特徴がみられ、骨格の分析からは、道具を作り使用していた可能性が浮上しています。また、化石には皮膚の化石も含まれている可能性があり、実証されれば初期の人類の祖先から得られた初めての軟組織となるとのこと。

続きを読む