AC75-1085f

 1979年に始まるSFアニメ「機動戦士ガンダム」に描かれたスペースコロニーは、1969年、アメリカのプリンストン大学教授であったジェラルド・オニールらによって提唱された人工の居住地をモデルとして描かれました。
 オニールの提唱するコロニーは、地球と月との引力が安定する領域“ラグランジュポイント”に設置され、居住区域を回転させて遠心力によって擬似重力を得ることを想定していました。

 ご紹介する画像は、NASAによって具体案まで作成されたスペースコロニーのデザインの一部。サイド3の独立戦争はともかく、世界人口100億人時代に至ろうという21世紀、遠くない未来にスペースコロニー建設のプロジェクトが改めて見直される日が来るのかもしれません。

続きを読む