付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

スチームパンク


【歴史】世界最初期の乗用型耕耘機。19世紀の蒸気式多脚トラクター『ダービー・スチーム=ディガー』

f6ecf63f

 1879年頃に発明されたダービー・スチーム=ディガーは、おそらく世界でも最初期に開発された乗用型トラクター。
 イングランドのエセックス州チェストフォードの農夫トーマス・ダービー氏が独力で発明したらしいのですが、蒸気機関で駆動し、6本の犂(すき)状の脚で畑を「歩行しながら」耕すことができたといいます。

続きを読む

【動画】レゴで作った動く船「LEGO スチームパンク・ウォーキング・シップ」がキモかわいい

LEGO Steampunk Walking Ship

 「ハウルの動く城」ならぬ「動く船」です。しかもスチームパンク。
 Jason Allemann さんがレゴで作ったウォーキング・シップは、有名な「テオ・ヤンセンのストランド・ビースト」による歩行機能を再現しつつ、イマジネーション豊かに制作されています。なんとリモートコントロールで前後左右に操作することができ、クレーンの稼働などギミックもたっぷりです。

続きを読む

【画像】スチームパンクな蒸気機関車? いいえ、バーベキューのグリルなんです

steampunk-locomotive-grill

 現代でも活躍するリアル蒸気機関といえば、SLを思い浮かべる人も多いと思います。
 もうもうと煙をあげながら疾走する蒸気機関車の姿にはロマンを感じるものですが、ご紹介するスチームパンク機関車は、なんだか美味しそうな煙を立ち昇らせるようです。

続きを読む

【画像】スチームパンク・ヒーローズ! DCコミックのキャラクター・コスプレ集(14枚)

Steampunk 00

 コミコンなどで活動するために結成されたというコスプレ・グループは、DCコミックに登場するキャラクターをスチームパンク風にアレンジしているクールな人たち。
 バットマンやロビン、ワンダーウーマン、キャットウーマン、ポイズン・アイビー、パワーガールなどなどが含まれていますが、マーベルではアイアンマンのスチパン・コスプレもありましたし、アメコミヒーローとスチームパンクって相性よさそうです。

続きを読む

【動画】ニキシー管時計を身近な素材でスチームパンク風にしてみた

02_m

 ワインボトルや100均小物などを使用して、ニキシー管時計のキットをスチームパンク風に演出してみた、という楽しい動画。
 以前に「蒸気駆動式電子演算器」をご紹介したフリスクPさんによる動画ですが、先の動画と同様、小物使いなどのアイデアがとても楽しい。

続きを読む

【科学】コンピューター博物誌「バベッジの階差機関」が萌え死ぬほどの美しさ

babbage_difference_front_1k

 19世紀のイギリスの数学者であるチャールズ・バベッジは、世界で初めてプログラム可能な計算機――いわゆる階差機関(ディファレンス・エンジン)を考案したことで“コンピュータの父”とも評される人物。
 1991年にはバベッジ本来の設計に基づいた新たな階差機関が組み立てられており、彼の設計の精度が改めて確認されています。

 ご紹介するのは、米カリフォルニア州マウンテンビューにあるコンピュータ歴史博物館が公開した、バベッジの階差機関の画像と動画。
 ぶっちゃけ、よだれが止まらない美しさです。

続きを読む

【動画】なんというスチームパンク!「蒸気駆動式電子演算器」を作ってみた

steampunk

 電池文明が終焉しても、これで安心!
 水と火さえあれば計算可能な、電池不要の蒸気駆動式の電子演算器を作ってしまった猛者が現れた模様です。
 デザイン的には、仏壇の金具を使用するアイデアに脱帽。

続きを読む

【画像】ドクター・エヴァーモアの鉄の城「Forevertron」公園が素敵すぎる

WIBARevery

 米ウィスコンシン州の小さな町ノース・フリーダムにあるという、鉄工アーティスト“ドクター・エヴァーモア(Dr.Evermor)”ことトム・エヴリー(Tom Every)さんが制作した夢の公園「Forevertron」。
 1983年からコツコツと作りあげたというスクラップによる鉄のアートは、好奇心を駆り立ててやまないスチームパンク風の巨大な作品群。
 公園の中心となる Forevertron 基地の天文台には、テスラコイルを思わせる19世紀のダイナモをそなえた集光台、鉄で構築された昆虫のようなクリーチャーなどがひしめきます。

 もちろん空想上の博士を名乗るドクター・エヴァーモアですが、雷光によるビームで宇宙空間に飛び立つために「Forevertron」基地は存在しています。まさに美しい作品群、全てが夢の具象化です。

続きを読む

【レトロ】ビッグダディの原型、1882年の潜水服がカッコよす

deep-sea-diving-suit-circa-1882

 アクションRPG「バイオショック」シリーズに登場するビッグダディの原型になったとみられる、19世紀の潜水服「カルマニョール・ダイビング・スーツ(Carmagnolle Diving Suit)」がカッコよすぎるのでご紹介。
 後の与圧服から宇宙服へとつながるイメージはスチームパンクそのもの。関節機構とか、もう舐めるように見ちゃいます。

続きを読む

【画像】スチームパンクな女の子たち part4(29枚)

steampunk-girl-0

 久々にお届けする、スチームパンク・ガールズの画像集。
 まだ4回目だったというのが管理人的にも意外な感じですが、画像の被りがないことを確認するのとか、けっこう手間が掛かりました。スチームパンクと女の子といえば、やっぱりコルセットということを再確認です。

続きを読む

【動画】バイオショックの前日譚「New Year’s End」

New Year’s End

 1946年11月5日、科学者アンドリュー・ライアンは、大西洋中央に海底火山を原動力とする水中都市・ラプチャーを建設した――そのような設定で展開されるアクションRPG「バイオショック」。
 ショートフィルム『New Year’s End』を製作したのは、「パックマン・ザ・ムービー」のマシニマ(Machinima)さん。いい仕事してますね!

続きを読む

【動画】世界最大のコルク栓抜き機

Corkscrew

 イングランド・レスター出身の機械彫刻家、ロブ・ヒッグス製作による巨大な歯車式のコルク栓抜き機。
 手回し式になっていて、複雑な歯車構造でゆっくりとワインのコルクを抜くと、最後にはちゃんとグラスにワインを注いでくれます。
 スチームパンク心をくすぐらずにはおかない美しい機械。ユーモアと大真面目な機構のバランスがいかにもイギリスっぽい感じがしてたまらんです。

続きを読む

【アート】スクラップで作られた等身大のスケルトン・マンモス(10枚)

mammoth1

 ご覧の等身大マンモスの骨格モデルは、彫刻家のジュド・ターナー(Jud Turner)氏によるもの。
 主に古い農機具の廃部品を用いて構成されており、製作は展示設計&製造会社パシフィックスタジオの委託によって行われました。
 どこかスチームパンクを思わせるイメージは実に魅力的。アメリカ大陸に実在したコロンビアマンモスの骨格を再現したもので、ワシントン州にあるモーゼ湖美術館のアートセンターに永久展示される予定とのことです。

続きを読む

【画像】スチームパンクな動物園 - by.Vladimir Gvozdev

002-ulit

 ロシア人アーティスト、Vladimir Gvozdev の生み出すスチームパンクな動物たち。
 彼のウェブサイトではただ不愛想に作品のみが紹介してあり、プロフィールのたぐいは見つからない。でもって作品は実に多岐にわたり、ご紹介する歯車で構築された魅力的な動物たちや、絵画、立体造形作品、アニメーションにいたるまでを制作しているようです。
 どれもこれも素晴らしく魅力的。作品がお気に召せば、ぜひ公式サイトへご訪問を(なんだか宣伝みたいな文章ですね)。

続きを読む

【画像】絶対立体主義、松岡ミチヒロの造形世界(20枚)

matsuoka michihiro top

 主に樹脂粘土で製作される、愛知県出身・松岡ミチヒロ氏による魅力的な造形作品。金属の錆びや鋼板の歪み、劣化による塗装の剥離など、経年変化を視覚表現した物体装置オブジェを製作していると語る松岡氏。
 スチームパンク的なリベット表現や丸みを帯びたデフォルメなど、コミックやゲームにも適してるんじゃないかという印象を受けますね。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード