付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ジャンク


【画像】自動車部品で作られたロボット兵器『MA-TP』がカッコいい!(ただし動きません)

ku-bigpic

 これで歩行できれば、クラタスよりも話題になること必至!?
 deviantART に作品を発表している ProgV さんは、父親が使用していた日産の古いトラックを解体したことを切っ掛けに、部品を使用してロボットのオブジェを制作することを試みました。しかし1台のトラックでは部品が足りず、結果的に1トンほどのスクラップパーツを購入するに至ってしまったそうです。
 できあがったオブジェは身長約4メートル、各部に自動車のパーツの痕跡を残すものの、ひどくマッシヴでリアリティのあるロボットが完成しています。

続きを読む

【アート】ジャンク部品で作られた、魅力的なキメラ・ロボットたち(19枚)

shapeimage

 1975年イタリア出身のアーティスト、Andrea Petrachi さんの制作による様々のジャンク部品を組み合わせたロボットは、コントロールできない人間の物欲を象徴しているそうです。
 カメラや顕微鏡、電気シェーバーやオーディオ製品などによって形成されたロボットたちは魅力的ですが、特に人形の顔をもつ作品には捨てられた機械の悲しみも感じたりします。

続きを読む

【画像】スチームパンクのキュートなロボット、ジャンクボット「4:59」

top

 あのグロードボート博士の光線銃を作った人か!と懐かしくなった。
 製作したのは、写真共有サイト・フリッカーで活動する、サンディエゴ出身のアーティストTinkerbotsさん。最高にキュートで魅力的なロボット、Intrepid junkbot “4:59”くんのご紹介です。画像の枚数は少ないんですが。

続きを読む

【画像】世界のイっちゃったパソコンのカタチいろいろ(18枚)

3387386911_312016a963_o

 こういうコンピュータ・ボックスを作る人も最初はおもしろいと思って作るんだろうけど、どこかで面白さを見失ってしまうんじゃないかとか勝手に想像したりするんです。というのも最近は管理人も記事を仕上げていくうちに、それ自体が目的になってしまって、しだいに何が面白いのかわからなくなってくることがありまして....関係ないか。

 というところで、様々に奇をてらった改造パソコンの筺体をご紹介するわけですが、トップの画像は棺桶型のパソコンなんだそうです。見ていくうちに段々わけわからなくなってきて、これってもしかしてイカしてるのかも?、とか感じはじめたら、たぶん奴らの思うツボなんだと思います。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード