original

 茨城県つくば市のベンチャー企業サイバーダインは、福祉目的での自律動作支援ロボットスーツ「HAL」の開発を行ってきましたが、その発展形として、原発事故現場での作業を想定した新しいロボットスーツを発表しました。
 発表が行われたのは18日。山海嘉之筑波大教授らが開発したもので、足の運動に合わせて各部のモーターが作動し、人の動きをサポートします。

続きを読む