ht_ear_arm_dm_120928_wg

 米メリーランド州に暮らす42歳のシェリー・ウォルターさんの左耳から基底細胞癌が発見されたのは、2010年のことだそうです。
 癌を除去するために彼女の耳は取り除かれる結果となりましたが、ジョン・ホプキンス大学の医師は本人の組織から形成された新しい耳を定着させるために、それを前腕に移植しました。
 こうした場合には、エピテーゼと呼ばれる義耳を取り付ける場合がほとんどですが、新たな試みは再生医療に新たな可能性を与えてくれそうです。

続きを読む