付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ゴシック


【動画】これは素敵! ゴシック・ダークな人形アニメ「The Maker」

The Maker

 60以上の映画祭で上映され、11の賞を受賞したという Zealous Creative 製作の魅力的なショートフィルム「The Maker」は、コマ撮りで描かれるゴシックな人形アニメーション。
 命を創造しようとする奇妙な生物と、その意外な顛末を描いています。
 以前に紹介したショートフィルム「Zero」でも描かれた、Christopher Kezelos 監督のダークな世界観が魅力的です。

続きを読む

【画像】世界最大のゴシックの祭典「ウェイヴ・ゴシック・フェスティバル」が開催(26枚)

60013777-w-600

 世界最大のゴス・カルチャーの祭典「ウェイヴ・ゴシック・フェスティバル(Wave Gothic Treffen Festival)」が今年も開催されたようです。
 聖霊降臨節(ペンテコステ)に合わせてドイツのライプツィヒで毎年開催されるウェイヴ・ゴシックですが、今年のペンテコステは5月27日。

 25日から28日にかけての開催となっており、主催者によると2万人のゴシック愛好者が世界中から訪れる見込みだそうです。

続きを読む

【アート】深夜のゴシック・ファンタジー「Alexander Jansson」(動画あり)

Alexander-Jansson-Digital-Art-13

 スリーピング・ハウスは、スウェーデン出身のアーティスト、アレクサンダー・ヤンソンの主催するデザインスタジオ。
 カバーアートをはじめ、キャラクターデザイン、コンセプトアート、グラフィックデザインを専門とするヤンソン氏は、自らを"Greenpunk"スタイルと称しており、2008年以来多くのクライアントの評価を得ているようです。

 悪夢的でゴシックな世界観は、ティム・バートンや先にご紹介した The Shins の PV にも通じるものを感じさせます。

続きを読む

【動画】お茶目でキュート!「How To ゴスダンス」

How to Dance Goth

 サンフランシスコがベースの「Hubba Hubba Revue」はネオ・バーレスクとバラエティのミックスが売り物のレヴューなのだそうです。
 Wikipediaによると、2006年の創業以来、ベストキャバレー/バラエティショーをはじめ、多くの賞を受賞しているとのこと。

 ご紹介するのは、Hubba Hubba Revue のゴス・ダンス・ショーをプロモーションするために製作されたらしい「ハウツー・ゴスダンス」のビデオ。茶目っ気たっぷりのお遊びが面白い。
 公式サイトで出演者やギャラリーなどが確認できますが、メチャメチャ楽しそうなショーです。これは機会があるなら、ぜひ行ってみたい。

続きを読む

【画像】ドイツ・ライプツィヒで開催されたゴシックの祭典『ウェイヴ・ゴシック・フェスティバル2011』

158778

 ドイツのライプツィヒで毎年行われているゴシック・ファンの祭典、『ウェイヴ・ゴシック・フェスティバル(Wave Gothic Treffen Festival)』が今年も開催されたようで、去年に引き続いてご紹介。

 今年の聖霊降臨節(ペンテコステ)は6月12日、というわけで今回は6月10日〜13日の4日間にわたって開催されたウェイヴ・ゴシック・フェスティバルは、92年から行われている世界最大のゴシック愛好家の集い。
 日本でのゴシックロリータと比べると相変わらずゴス・パンク色が強いですが、世界中から2万人を超えるゴシック愛好家が集まり、ゴシック音楽のコンサートや詩の朗読会、演劇などで盛り上がったみたいです。

続きを読む

【アート】Ivica Stevanovic の描くナイトメアな世界

ivinca10

 セルビア出身の Ivica Stevanovic というイラストレーター/漫画家/グラフィックデザイナーの描くダークな世界。絵本のようなデフォルメなんですが、生理的な恐怖にうったえる世界観。モーリス・センダックの『かいじゅうたちのいるところ』などにも通じるような、子供のころの畏れやイマジネーションを刺激する印象があります。

続きを読む

【アート】ゴシック・ダークなスライドギャラリー

transitioning_by_rickbw1-d33e2dm

 アーティスト、リック・ブラックウェルによるダーク・ゴシックなスライドショー。刺激的なイメージが次々と映し出されてドキドキする。

続きを読む

【画像】ドイツで行われたゴシックフェスティバル 34枚

german-dark-music00

 ドイツで行われたゴシックウェイヴ・フェスティバル Wave Gothic Treffen Festival(Web公式)はダークミュージックとゴス界最大のイベントとして毎年開催されているらしいのですが、ご紹介するのは今年の5月にライプチヒで開催された同祭の様子をレポートした写真の一部です。

 ゴシック様式の世界規模での普及と商品化にいくらか貢献したとされるゴシック・フェスティバルですが、今年は150を数えるバンドが参加し(ゴシックロック、EBM、インダストリアル、ノイズ、ダークウェーブ、ネオフォーク、新古典派、中世音楽、エクスペリメンタル、ゴシックメタル、デスロック、等など)、聖霊降臨節=ペンテコステの4日間をいくつかの会場で盛り上げたのだとか。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード