付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

コンセプト


【アート】もう一つの「もののけ姫」他、宮崎駿のイメージボードが興味深い

026

 もはや国民的作品といっても過言ではないスタジオ・ジブリ製作の一連のアニメーションですが、作品の中核を占める宮崎駿さんの描いたイメージボードには、完成された作品とは異なるイメージの奔放さがあるようです。
 ご紹介する画像は、1980年に出版された「宮崎駿イメージボード集」などに収録された作品を中心に、海外サイトがまとめた記事の転載です。特に注目すべきは、後半の『もののけ姫』のコンセプトスケッチでしょうか。

続きを読む

【動画】アウディの新コンセプトのテールランプ「The Swarm」がヤバすぎる

oled

 アウディがこのほど発表した車の照明技術は、数千の有機発光ダイオードを使用した特殊なライト。まるで流れる水面に光を反射させたような不思議なパターンで、後続車の運転手を幻惑します。
 先週ラスベガスで行われたコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで発表されたという新コンセプトのテールランプは「Swarm(群れ)」と名付けられており、その名の通り無数の小さな光が群れをなして流れるというもの。速度に合わせてドットの動きも早くなるのだそうです。

続きを読む

【動画】消える車のドア

retractable_car-door_system

 こんなに綺麗にドアを収納できてしまうものなんですね。
 カリフォルニアをベースとする会社ジャテック(Jatech)が創設の頃から独自のコンセプトとして開発を進める、引き込み式の自動車ドア(Retractable Vehicle Door)の動画。

 ご覧のように撮影されたのはけっこう古い時代のようで、リトラクタブルなドアのコンセプトはBMWも過去に打ちだしているようなんですが、いまだ実用化されないのは幾つかの問題があるということなのでしょう。
 利便性は高そうだし、なんといってもカッコいいんですけどね。

続きを読む

【動画】斜め上をいくTOYOTAのエモーショナル、フルボディ・タッチパネル車「Fun-Vii」

article-2067262-0EF887F300000578-756

 2月3日から公開される東京ビッグサイトの「第42回東京モーターショー2011」に先駆けて、トヨタが発表したコンセプトカーが「Fun-Vii」。
 Fun-Vii は車体全面がスクリーンになっており、特にドア部はタッチパネル式で、インターネットに接続することも可能になっています。
 プレゼンに立った豊田彰男代表取締役によると、「車がエモーショナルな存在であり続けること。楽しくなければ、車ではないということ」であり、ドライバーが車に近づくだけで、「Hello! Mr.○○!」と思いっきり挨拶してくれるなど、たしかにエモな感じの車です。

続きを読む

【動画】ノキアの曲げられる体感型スマホ・コンセプト「HumanForm」

Nokia-HumanForm-Phone

 フィンランドの電気通信機器メーカー・ノキアが、「ノキア・キネティック・デバイス(Nokia Kinetic Device)」と呼ばれる新しいタブレット型携帯端末のコンセプトを発表しました。
 ノキア・ヒューマン・フォーム(Nokia HumanForm)と名付けられた透明感あふれる斬新なデバイスは、これまでの「振る」「触れる」に加えて「曲げる」「ねじる」という新たなアクションを加えることで、より柔軟かつ体感を得られるものになっているそうです。

続きを読む

【話題】隠れたスーパーカーの名車「1969 ホールデン・ハリケーン」が復活(動画あり)

20111022-003

 スーパーカーブームの夢ふたたび。

 70年代、おじさんたちの胸を熱くときめかせたスーパーカーブーム、実はそれに先駆ける数年前、1969年は後世に残る名車が数多く排出された年でした。特にアメリカ車からはエルカミーノカマロなど、数多くのGolden Ageが生まれています。
 そんなアメ車の黄金期ですが、実はアメリカから地球を半周したオーストラリアにも黄金期にふさわしい1台の車が発表されていました。それが1969年5月に発表されたホールデンのコンセプトカー「ハリケーン」。

続きを読む

【動画】TOYOTAの開発したマルチウインドウ・システムが面白い

Toyota Window to the world

 トヨタの開発しているタッチスクリーン式のウインドウは、車の後部座席で退屈している子供の様子を一変させるかもしれません。

 YouTubeにアップされたのは、“Toyota Window to the world – multimedia system(トヨタの世界への窓 -マルチウインドウ・システム )」と題された動画。この動画では、自動車の後部座席に座る少女が、窓にお絵かきをしたり、窓の外の対象物との距離を測定したり、ズームインして見せたり、名前を表示(音声で出力)してみせたりなどをしています。あたかも車の窓がタッチパネル式のお遊びツールになっているイメージです。

続きを読む

【画像】スタイリッシュなスチームパンク・バイクのコンセプト - ARX-4 Steampunk

ex32v1vid4

 ロシア人デザイナー、Mikhail Smolyanov 氏によるレトロバイクのコンセプトデザイン“ARX-4 Steampunk.”
 1920年代のレーシングカーや飛行機に多くのインスパイアを受けて独自のデザインを展開している人のようですが、単なる懐古趣味にとどまらず、V8エンジン搭載でチェーンを用いない車軸駆動のシステムを採用するなど、現代的な要素も取り入れた非常にスタイリッシュなものとなっています。

続きを読む

【画像】エンジンは電動ドリル!? DIYマニアの作った新型バイク

110311_drillbike1

 画像の奇妙な乗物は、ドイツ人のニルス・ファーバーさんがデザインしたという新型バイクで、“EX”と名づけられています。動力として使用しているのが二つの電動ドリルということですが、エンジン部分の画像などを見てみると予想以上に電動ドリルそのままなので驚かされます。

続きを読む

【歴史/博物】1970年に作られた、ロボットのような奇妙なオートモジュール

automodule05

 1970年に作られた奇妙なスタイルのユニットは、エンジニアのジャン・ピエール・ポンチュー(Jean Pierre Pontier)によって創造されました。ラ・オートモジュール(L’automodule)と呼ばれていたそうです。

 電子制御の油圧変速式2ストロークエンジンを搭載し、最高時速45キロで走ることができましたが、特に印象的な特徴はサスペンションによって走行時のクリアランスを変えることのできる“脚”にありました。
 とてもユーモラスで、一昔前のSF映画なら、そのまま登場させても違和感がなさそうですね。

続きを読む

【アート】一本の線だけで時を刻むワンライン腕時計。

One Line Watch_01

 思いつきそうで誰も思いつかないものの典型とでもいうのか、ものすごくシンプルなアイデアで作られた、美しいワンライン・ウォッチのコンセプトデザインです。デザイナーはニックネーム sam としか書かれていないのですが、ペンで走らせたような一本の線が時間とともに湾曲し、時を刻み続けます。
 とても魅力的なアイデアで、ぜひ商品化してほしいですね!

続きを読む

現代のサンダーバードには必要かもしれないと思わせる援助物資輸送機 - A.N.T.

79708b903dc5b126f722430cedec0f8b

 機体に描かれた UN の文字は言うまでもなく United Nations 国際連合(いわゆる国連)のことですが、ご紹介するのは、デザイナーのブライアン・リー Bryan Lee さんという方の考案した、援助物資を輸送するための変形・合体するビークルの提案です。

続きを読む

【デザイン/アート】化石燃料の枯渇した時代を想定したパーソナル三輪車両 Opel Ewol がスタイリッシュ。

opelewol05
Designer. Augustin Barbot

 まだコンセプトデザインですが、画像のハイブリッド三輪車はガソリンなどの化石燃料の消耗した2050年を想定し、太陽熱、風力、人力、さらには体熱まで電気変換して自走するというエコロジカルな車両になっているようです。
 一体どこに人が乗るのだろうと最初は思ったのですが、以下の動画を参照いただければイメージできるのかな。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ