付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ゲーム

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

【動画】あのゲーム浮世絵が動くぞ!アニメーション浮世絵ヒーローズ

Ukiyo-e Heroes

 以前ご紹介した、日本のゲームキャラを木版画の浮世絵にしてしまったという「浮世絵ヒーロー」のジェド・ヘンリーさんが、今度は浮世絵をアニメーションで動かしてしまったという動画。
 ご本人いわく「簡単な物ですが、楽しい!」という作品。確かにシンプルですが、アーティストが楽しんでいる様子が伝わってきます。

続きを読む

【動画】パックマンをホラー風にしてみたショートフィルム

pac-man

 以前に熱狂的ファンが制作した「パックマン・ザ・ムービー」のショートフィルムをご紹介しましたが、今度はパックマンをホラームービー風にしてみたという動画。
 制作を行ったのは Gunsword Productions 、監督および脚本は Brad Cannady 氏によるもの。パックマンに追われる側の視点で描かれる、シンプルながらも楽しめる作品になってます。

続きを読む

【動画】PS3「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」制作決定

sp_top

 今年で連載25周年を迎える荒木飛呂彦原作の「ジョジョの奇妙な冒険」ですが、7月から行われる原画展に10月の放送が予定されているTVアニメ、そして「オールスターバトル」のゲーム化と話題が目白押しです。

 バンダイナムコゲームスが発表したプレイステーション3ソフト『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』は、映像を見る限り、第1部〜第7部までのキャラクターが総登場するようです。開発はサイバーコネクトツーで、2013年の発売が予定されています。価格は未定。

続きを読む

【アート】西洋の浮世絵師がゲームキャラを表現「浮世絵ヒーロー」11枚(動画あり)

Video Games Re-Imagined As Traditional Japanese Print

 浮世絵(錦絵)は世界で最初のカラー版画としてはもちろん、様々のイマジネーションを発信するアートのジャンルとしての認知度も世界レベル。というか海外にも浮世絵師がいる辺りで余計な説明など不要なのですが、ご紹介するジェド・ヘンリー(Jed Henry)さんもその一人です。

 西洋浮世絵師であるヘンリーさんが題材として選んだのが、日本のポップカルチャーの一方の雄、TVゲームのキャラクター。特徴的な構図や筆使いは、月岡(大蘇)芳年などに見られる絵画的演出の影響が色濃い印象です。

続きを読む

【動画】重鉄騎コラボ企画、押井守制作イメージトレーラー「小隊長 Gosha」

jyu-tekki

 カプコンから発売されるXbox 360用ソフト「重鉄騎」は、全てのコンピューターの機能が停止した社会を舞台に、二足歩行を特徴とする、戦車に代わる主力兵器「鉄騎」による戦いを描くもの。

 今回、押井守監督によって特別制作されたイメージトレーラー『小隊長「Gosha」』が公開されたのでご紹介します。映像はゲームとのコラボレーション「重鉄騎 X 押井守特別企画」の中で制作されたもので、公式サイトでは戦車について語る押井守などの動画も視聴できます。

続きを読む

【動画】ポータルガンで遊んでみた的なSFホームビデオ

terminal-velocity-portal-short

 VFX/モーショングラフィック・アーティストのジョン・クラフトさんが制作したのは、アクションパズルゲーム「ポータル」をモチーフにしたホームビデオ風のショートフィルム「POrtal: Terminal Velocity」。

 もしポータルガンが本当にあったら――的な解釈で制作された作品ですが、ハンディカメラで撮影したようなシームレスな映像は3Dトラッキングや3Dカメラ・プロジェクションが駆使されており、緻密な計算の上に構成されていることがわかります。素晴らしくよく出来た作品です。

続きを読む

【動画】驚愕のクオリティ!新世代ゲームエンジン「Luminous Studio」のデモムービーが凄すぎる

original_a

 スクウェア・エニックスが世界のスタジオと競争すべく開発している、新世代のゲームエンジン「Luminous Studio(ルミナス・スタジオ)」。
 この度 YouTube で公開されたリアルタイム映像技術のデモムービー「Agni's Philosophy -- FINAL FANTASY REALTIME TECH DEMO」は、「ハイエンドPC上でリアルタイムのCGがプリレンダーCGと遜色ない品質で動作」するという言葉に遜色のない、驚愕のクオリティとなっています。

 この映像が、ムービーシーンではなくリアルタイムで動作するものであることを念頭に置いて、ルミナス・スタジオが示す映像制作プロジェクト“Philosiphy”のポテンシャルの一端をご覧ください。

続きを読む

【動画】パズルゲーム「ポータル2」の背景を描くハイクオリティSF「Aperture: Lab Ratt」

Lab Ratt

 アクションパズルゲーム「ポータル2」の背景を描いたウェブコミック『Portal 2: Lab Rat』をベースに実写化した、SFショートムービー「アパーチャー:ラブ・ラット」をご紹介。
 コロラド州デンバーを拠点に活動する、インディーズ・フィルムメイカーのライアン・アンソニー・マーティンとニック・セレンターノによる制作。VFXに頼らない半面、深遠なテーマを描いた本格SFになっています。
 15分弱と少々長めですが、クオリティ高いです。日本語字幕でストレスなく視聴できますので、そういう点でもオススメ。

続きを読む

【動画】近未来戦争ゲーム「ゴーストリコン フューチャーソルジャー」の前日譚「Ghost Recon Alpha」

no title

 特殊部隊「ゴースト」の戦いを描くミリタリーTPS「ゴーストリコン」シリーズの最新作として発売をひかえる『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』ですが、発売に先駆けて公式のショートフィルム「GHOST RECON ALPHA」が公開されています。

 フューチャーソルジャーの名に相応しい近未来の戦闘アイテムが多数登場するこの映像、なんと約24分という大長編。動画は英語ですが、ストーリーは単純ですので問題なく観れると思います。
 なによりそのクオリティ高すぎる映像だけでも一見の価値アリの大作となっていますので、ぜひフルスクリーンでご鑑賞ください。巨大な“BigDog”を思わせる思考戦車も登場するなど、見どころいっぱいです。

続きを読む

【動画】これは面白い! 1/6サイズのミニ・アーケードゲーム

mini-star-wars-atari-arcade-cabinet

 1983年に製造されたアタリ社製のスターウォーズ・アーケードゲームを1/6スケールで再現。
 わずか12インチ(約30センチ)でありながら、ほぼ忠実なゲームプレイが可能。動画の前半は製作者による説明ですので、飛ばしてプレイ動画を見たい場合は3:26あたりからどうぞ。

続きを読む

【動画】バイオショックの前日譚「New Year’s End」

New Year’s End

 1946年11月5日、科学者アンドリュー・ライアンは、大西洋中央に海底火山を原動力とする水中都市・ラプチャーを建設した――そのような設定で展開されるアクションRPG「バイオショック」。
 ショートフィルム『New Year’s End』を製作したのは、「パックマン・ザ・ムービー」のマシニマ(Machinima)さん。いい仕事してますね!

続きを読む

【動画】熱狂的ファンが製作「パックマン・ザ・ムービー」がハイクオリティすぎる

pac-man-movie

 映画「タイタニック3D」のフェイク予告編に続いて、またファン製作による動画となってしまいましたが、今度はゲーム「パックマン」の熱狂的なファンが製作したショートフィルムのご紹介。

 ネバダ州の地下にある軍事基地で、秘密裏に進められてきた「Yellow Sphere Project」。30年にわたり人々を魅了し続けてきたゲーム『PAC-MAN』は、実は米軍による極秘プロジェクトだった――という設定で描かれる「パックマン・ザ・ムービー」。
 これだけのクオリティの作品が、バンダイナムコゲームスの一切かかわらない純粋なUGCというのですから驚かされます。

続きを読む

【動画】海外発!日本のアーケードゲームのドキュメンタリー映画「100 Yen」予告編

100yen

 海外から見た日本のアーケードシーンの歴史。
 Strata Studios 製作による「100 Yen: The Japanese Arcade Experience」と名付けられたドキュメンタリー映画の予告編。

 約75分の本編映像はほぼ完成しているそうですが、マーケティングやプロモーションなどのポストプロダクションサービスのための資金が調達できておらず、目下$20,000を目標に、ソーシャルファンディング・サイト「indieGoGo.com」でカンパの呼び掛け中。
 出資者には様々の特典が用意されているというので、興味のある方はリンク先を要チェック。

続きを読む

【動画】新次元のフルCGカーアクション「The Chase」

the chase

 アウタースペースからやってきたフランス人、その名もフィリップ・ゲーマー(Philippe Gamer)というんだから恐れ入ります。
 冗談はともかく、ショートフィルムはオススメ。この疾走感とクオリティはかなり凄い。最後のオチもナイスです。
 絶対にフルスクリーンでどーぞ!

続きを読む

【ゲーム】PS3でキャプチャーされた技術デモ「KARA」がスゴすぎる(動画あり)

Kara

 『HEAVY RAIN 心の軋むとき』や『Indigo Prophecy』を手がけたフランスのゲーム会社「Quantic Dream」社が披露したのは、次世代のゲームの可能性を示すパフォーマンス・キャプチャー技術のデモ映像。

 サンフランシスコで開催中の『Game Developers Conference 2012』で公開された映像ですが、驚くべきことに、この高精度なパフォーマンス・キャプチャーは事前にレンダリングされたものではなく、リアルタイムでPS3からキャプチャーされたビデオなのだそうです。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード