付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

グラフィック


【アート】侵略するロボットのレトロなポスター「Murderous Automatons」

tumblr_miyhrpmRrB1qae9seo3_1280

 とってもクールなロボットのポスターデザインを制作しているのは、アニメーターでイラストレーターだという Tom Kyzivat さん。
 凶悪な巨大ロボット軍団の侵略を感じさせるグラフィックは、プロパガンダ風で洗練されたデザイン。個人的にこういうイメージは大好物です。

続きを読む

【アート】ポップなニュー・レトロフューチャー「Matthew Lyons」

Matthew-Lyons-Retro-Illustrations-2

 まるでレトログラフィックのように見えますが、そこに描かれるのはスマートフォンや風力発電などの現在のすぐ隣にあるアイテム。
 イギリス人アーティスト、マシュー・ライオンズ(Matthew Lyons)の描く世界は、いわばニュー・レトロフューチャーとでも呼ぶべきでしょうか。近未来の光景がレトロなタッチで描かれるという面白さ。
 こういうアートに出逢えると、個人的にはちょっと嬉しくなります。

続きを読む

【アート】“布団圧縮袋”でカップルをパッケージ、日本人フォトグラファーの「真空パック」作品集(11枚)

flesh-love-8[6]

 日本人フォトグラファー、HAL 氏による人間真空パックのシリーズが海外サイトで取り上げられていました。
 東京を中心に活動するアーティストである HAL さんは、広告会社に勤めたことで写真のスキルを磨いたと語っています。ご紹介するシリーズは、お馴染み「布団圧縮袋」で恋人同士を圧縮パックするというポートレイトのシリーズで、“今この幸せな一瞬を封じ込めたい”という、カップルの持つ刹那的で普遍的な感情をグラフィックで表現したというもの。

続きを読む

【アート】東京フラッシュバック - ヴィンテージデザインとイラストレーション。

奇抜と滑稽

 ヴィンテージな日本のデザインとイラストを、海外サイトで特集していたのでご紹介。転載した画像は一部ですが、日本人から見れば懐かしさを感じる素朴なイラストも交じっています。

 60年代後半から70年代にかけてのアヴァンギャルドなデザインと同列に紹介されていることには、違和感を感じるかと思ったのですが....むしろ大正モダンから昭和への移行期である1920年頃にまで遡ると違和感なく溶け込んでいて、新しさを感じたりして面白い。
 やっぱり、歴史は常に新しいんだよね。

続きを読む

【アート】宇宙が夢の開拓地だった頃 - 古き良きアメリカのSFアート。

Puffin Biscuits, 1956

 過去から現在に至るまで、あらゆるスペーツコンテンツの牽引者であったアメリカには、パルプマガジンからワンダーストーリーに至るまで、多くの優れたアートシーンが存在します。
 その原点はやはり、アメリカという国が信じ邁進するフロンティアスピリッツがありましょう。多くの人の夢を膨らませた作品は、現在の目で見ても色あせず、当時の夢を追体験させてくれます。
 その中のほんの一部ですが、50年代後半から60年代初頭にかけてのSFアートを紹介しているサイトがあったので、抜粋してご紹介。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード