付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

カタコンベ


【画像】永遠の少女が眠るカタコンベ、カプチン・フランシスコ修道会(イタリア)

capuchin_catacombs_dead-001

 以前の記事とかぶるかな、と思ったらパレルモのカタコンベは未紹介だったのであらためて。
 イタリア南部のシチリア島北西部に位置するパレルモは、中世シチリア王国の古都。そのパレルモにあるカプチン・フランシスコ修道会、サンタマリア・デッラ・パーチェ教会(Chiesa di Santa Maria della Pace)を近くにみる地下納骨堂は「世界で最も美しいミイラ」とされる永遠の死少女ロザリア・ロンバルドが安置されていることで有名な場所。
 1599年に建設された地下トンネルの納骨堂には、約8000体ほどのミイラが収蔵されているそうです。

続きを読む

【画像】4000体の人骨で装飾された、カプチン修道会士のカタコンベ(地下墓所)。

human_bones_decorating_CWYL3_640_06

 画像にあるのは、ローマにある通称・骸骨寺と呼ばれるサンタ・マリア・デッラ・コンチェツィオーネ Santa Maria della Concezione 教会の地下にある カタコンベ です。長い名前の教会ですが、訳すと“聖母マリア処女懐胎教会”という意味になるのだそうです。

 教皇ウルバヌス8世の弟で枢機卿であったアントニオ・バルベリーニのために建立されたこの教会には、次々とカプチン修道士が派遣され、亡くなった修道士の遺体はこの納骨堂に埋葬されました。
 しかし18世紀にはカプチン派修道僧の遺骨は掘り出され、その遺骨を素材として墓室に装飾が施されました。結果として1528年から1870年までに死んだ修道僧約4000名の遺骨が素材とされましたが、現在では世界中から観光客をひきつける興味深い場所となっています。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ