americancomm

 1970年代のテネシー州サマータウンでは、当時のカウンターカルチャーのアイコンであったスティーヴン・ガスキン率いるヒッピーたちが集い、最大規模といえるコミューン(共同体)を築いていたそうです。
 社会の変革を求めた彼らの社会実験は、自然分娩やベジタリアニズム、ソーラーパワーなど今日に繋がる運動に多くの種を撒いているのだとか。最盛期には1500人余のメンバーが集い、年間1万人を越える訪問客を集めたコミューンですが、80年代の半ばには解体を余儀なくされたといいます。

続きを読む