The Hearts of Age

 1938年に撮影された未発表作品『Too Much Johnson』が発見されたことでも話題を呼んだオーソン・ウェルズですが、そこから遡ること4年、1934年に彼が初めて監督した映像作品『The Hearts of Age』をご紹介します。
 『The Hearts of Age』は、アイルランドで舞台デビューを果たしていたウェルズがアメリカに帰国し、友人のウィリアム・ヴァンスと共に制作した約8分のサイレント作品。植民地時代のアメリカを舞台に、ウェルズ演じる「死(Death)」などが不吉なイメージで展開していきます。

続きを読む