付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

オペラ


【動画】集団全裸オペラふたたび - Tableau Vivant

Tableau Vivant

 以前にもご紹介した全裸オペラの新作というか、よく見るとUPされたのは一年前のようですが The Delirium Constructions Plus というパフォーマンス集団による、オペラで活人画を再現するシリーズ。

 映像はNYのパワーハウス・アリーナで行われた、ダンボ・アート・フェスティバルという催しの中で披露されたもの。オペラと集団ヌードを組み合わせた“ミニ・タブロー”というパフォーマンスのようです。

続きを読む

【動画】集団全裸オペラ、全ては芸術のために

Model Tableau Vivant - Skylight One Hanson

 動画タイトルによると、活人画を再現としたもののようです。動画に説明がないので詳細は不明ですが、オペラと呼べるのかは微妙な気がする。
 日本でいえば額縁ショーみたいなものです。違うか。

続きを読む

【画像】壮大な舞台装置!オーストラリアで開催される湖上のオペラ『ブレゲンツ・フェスティバル』(18枚)

bregenz-festival-andre-chenier-stage-2011

 1946年の初演以来、オーストラリアで行われている『ブレゲンツ・フェスティバル』は湖上のオペラとも呼ばれ、毎年趣向を凝らされた大掛かりな舞台装置によるオペラやミュージカルがオープンステージで上演されます。このように水上に設営される舞台を「フローティングステージ」と呼ぶそうです。

 史上最も素晴らしい屋外ステージとして評価もされているブレゲンツ・フェスティバルでは、今年の上演をイタリアの作曲家ウンベルト・ジョルダーノによる全4幕のオペラ「Andrea Chenier(アンドレア・シェニエ)」によって行われ、舞台装置のモチーフには18世紀後半から19世紀前半にかけて活躍した新古典主義を代表するフランスの画家、ジャック=ルイ・ダヴィッド による『マラーの死(image)』が選ばれました。

 てなところで、実に魅力的な“湖上のオペラ”、ブレゲンツ・フェスティバルの舞台装置の歴史を、時代を遡りつつ画像でご紹介します。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆経験のあるフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ