BIGPIC47

 建築家集団、リッチモンド・H・シュリーブ、ウィリアム・ラム、アーサー・L・ハーモンら3名によって設計されたエンパイア・ステート・ビルディングは、ニューヨーク・マンハッタン島を代表する高級ホテルであったウォルドルフ=アストリアの跡地に建設されました。
 1931年に竣工した工事はクライスラービルから「世界一の高さのビル」の称号を奪うために急ピッチで行われたのだそうで、1972年にワールドトレードセンターのノースタワーが竣工するまでの42年間、世界一の高さを誇るビルとしての威容を誇っていました。

 ご紹介する画像は、写真家ルイス・ハイン(Lewis Hine)によって撮影された1931年の写真から。建設中のエンパイア・ステート・ビルの活気に満ちた現場の様子を見事にとらえたビンテージ写真です。

続きを読む