付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

ウルトラマン

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

【特撮】新ウルトラヒーロー「ウルトラマンギンガ」発表! 円谷プロ創立50周年に颯爽登場

431c4be5d6206a46e8aa13c4b3a9ff60

 円谷プロの創立記念日に当たる本日4月12日、新しいウルトラマンとして発表された「ウルトラマンギンガ」は、セブンの息子として登場した“ウルトラマンゼロ”に続く4年ぶりの新ヒーローとして公開されました。
 新ウルトラマン「ギンガ」は、7月10日(水)からテレビ東京6局ネットにて夕方5時30分から放映の「新ウルトラマン列伝」内で大活躍するようです。

続きを読む

【画像】舞台裏の昭和ゴジラ、懐かしの怪獣たちのスナップ集(27枚)

original

 2014年公開予定、レジェンダリー・ピクチャーズが制作中の『GODZILLA(仮称)』の続報も待ち遠しいところですが、日本の怪獣王・ゴジラの海外での人気もご承知の通り。ご紹介するのは海外サイト io9 で特集されていた懐かしいゴジラ映画の舞台裏と貴重なスナップです。
 ゴジラシリーズ以外の怪獣も紛れてますが、ご愛嬌ということで。

続きを読む

【アート】日本画で描く光の国、村上裕二の初画集「ウルトラマンの世界」

1207-4

 故・平山郁夫の師系にあたる日本画家の村上裕二さんは、昭和39年東京出身。平成元年に院展で初入選し、日本美術院賞、大観賞を2度受賞、平成12年には若くして日本美術院同人に推挙されています。
 かの村上隆を兄に持ち、若くして才能を認められた日本画家でしたが、2008年に突如として活動を絶ち、山門で修行するという行為に至ります。
 そんな村上氏が再び絵筆を取り、描いたのは、幼き日に父・福寿郎と観たテレビのヒーロー「ウルトラマン」でした。

続きを読む

【本日の一枚】ウルトラの母がエロすぎるボディ

384657925
(Via.twitpic@inoetan)

 これってラバーフェチの一形態でしょうね。

Fetish Goddess: DitaFetish Goddess: Dita
Dita Von Teese Peter Czernich

Titan Books 2010-09-21
売り上げランキング : 1069

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【動画】カネゴンと『ぶらり途中下車の旅』

burari_kanegon

 カネゴンといえば1966年から67年にかけてテレビ放映された空想科学シリーズ『ウルトラQ』の第15話「カネゴンの繭」で初登場した、円谷プロを代表するキャラクター怪獣。そのウルトラQが、当時の色彩を可能な限り再現した日米共同制作のカラー作品、『総天然色ウルトラQ』として新生され、目下YouTubeでキャンペーン中なわけです。

 ご紹介の動画はその一環として製作された『ぶらりカネゴンの旅』。ウルトラマン商店街として有名な、東京都世田谷区の祖師谷大蔵ウルトラマン商店街をカネゴンが散策するというものですが、見ているこちらに円谷愛が溢れすぎてきて困る。
 ナレーションに滝口順平さんを起用してたら完璧だったのにペッチャ。

続きを読む

【本日の一枚】ウルトラマンの頭部を解剖図にしてみた

dfb50e01

 ツッコミどころというか、ちょっと怖いw

怪獣図解入門 平成新装刊 (ウルトラシリーズ@昭和)怪獣図解入門 平成新装刊 (ウルトラシリーズ@昭和)
大伴 昌司 円谷プロダクション

決定版 全ウルトラ怪獣完全超百科 ウルトラQ〜ウルトラマンパワード編 (テレビマガジンデラックス (164)) 決定版 全ウルトラ怪獣完全超百科 ウルトラマンティガ〜ウルトラマンマックス編 (テレビマガシンデラックス) 決定版 全ウルトラマンパーフェクト超百科 (テレビマガジンデラックス) ウルトラセブンベストブック―空想特撮シリーズ (B.MEDIA BOOKS) 昭和少年SF大図鑑 (らんぷの本)

by G-Tools

【特撮】謎のホームページ、ウルトラQ coming soon....

ultra Q
http://m-78.jp/q/

 リンク先へ行くと、上掲の画像が目に飛び込んできます。
 もちろん、円谷プロによる特撮ドラマ『ウルトラQ』に出てくるガラモンなんですが、サイトにはコンテンツらしきものは何一つありません。
 まさに謎のサイトなのですが、サイトの右下にははっきりと (C)TSUBURAYA PROD. の文字。

 現在、TOKYO-MXで同じ円谷の『ファイヤーマン』が放送されていて管理人も毎週見ているのですが、まさか円谷プロがウルトラQに関する何らかのアクションを行うための告知なのでしょうか。
 釣りサイトでないことを願いつつ、続報に期待したいと思います。

 続きにはQの第一話「ゴメスを倒せ!」を丸ごと一本。円谷公式で埋め込みコードを開放してるんですから、まあいいでしょうw

続きを読む

【アート】躍動感あふれるウルトラマンや怪獣のイラストレーション - from ソノシートブック。

ultraman_return_16

 昭和40年代にテレビドラマや特撮番組の挿画絵師として活躍していたイラストレーター、岡崎甫雄(としお)氏によるソノシート本のアートワーク。扉絵に使用した、新マンの躍動感が素晴らしい。

続きを読む

完全部数限定品『ウルトラコレクションボックス ザ・内山まもる』発売迫る。

幻のウルトラまんがを復刻した限定記念企画

ウルトラまんがの巨匠・内山まもる氏の未収録作品を待望の「復刻解禁」。特別フィギュア・ポストカード・スペシャルポスター等を封入した完全部数限定出版。ファン垂涎のウルトラマンシリーズ45周年記念企画です! (Amazonの説明文より)

★未収録作品「かがやけ ウルトラの星」スペシャル復刻!当時の学年別学習雑誌サイズで復刻!
★特別限定特典!「ザ・ウルトラマン uchiyama ver ゾフィー」(ブラザーズマントver)
★極厚コミックス特典:未収録となっていた80年代の学年別学習雑誌での人気まんが連載「ウルトラ戦士 銀河大戦争」が復刻!
★スペシャルポスター&ポストカードつき!

 とのことです。
 こんなウルトラファン垂涎の本が発売されるとは、全く知りませんでした。しかも発売日間近の部数限定ということで、ほとんどギリに近いので一応載っけておきます。

ウルトラコレクションボックス ザ・内山まもる
ウルトラコレクションボックス ザ・内山まもる内山 まもる


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【動画/ショートフィルム】MMD杯参加作品 - フリーソフト MikuMikuDance で制作した『テトトラマンタロウ』


MMD杯とは
フリーソフト「MikuMikuDance」「RinRinDance(β)」を使用し
複数のテーマの中から参加者が好きなものを1つ選び、それに基づいて作った1つの動画を予選(途中経過版)と本選(完成版)の2回のラウンドで所定期間内に一斉に公開し合い、 マイリスト登録数により算出する獲得ポイントを競い合う大会です。
MMD杯@Wiki

 ということで、管理人は寡聞にしてMMD杯というものの存在を知らなかったのですが、某サイトでUPされていたツブラヤP氏制作の『テトトラマンタロウ』という作品がなかなか面白かったのでご紹介しておきます。もちろん言うまでもなく、『ウルトラマンタロウ』のパロディ動画。
 地球に到来した怪獣タイラントと、テトトラマンタロウとの対決を描いたものですが、ZAT隊員も変身後のタロウもすべて美少女という設定。
 しかし変身後の顔だけタロウそのまんまというスタイルは、見ようによっては不気味ですww

続きを読む

元・円谷プロの岡部淳也新作映画『Cat Shit One』、7月17日にYouTubeでHD無料公開!? +ぼやき


Via. 【動画】『ウルトラ銀河伝説』の岡部淳也さん新作映画『Cat Shit One(キャット・シット・ワン)』予告編!:特撮ヒーロー作戦!
 参考リンク
怪獣日記:速報! 岡部淳也 新作プロデュース映画 情報解禁。
Cat Shit One とは?

 元・円谷プロダクション代表取締役社長(2007〜)であり、『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』での制作を務めた後辞職し、現在は株式会社IDA代表取締役という経歴を持つ岡部淳也氏なわけですが。
 なんか2ちゃんではいろいろ取りざたされているみたいですけど、個人的には現状の円谷の未来を思うと暗澹たるところがあったり。

Cat Shit One VOL.1 キャット・シット・ワン 1巻 (Web comics)Cat Shit One VOL.1 キャット・シット・ワン 1巻 (Web comics)
小林 源文

ソフトバンククリエイティブ 1998-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
続きを読む

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』SPムービー

 ワーナーブラザーズ配給で映画公開をひかえた、「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」のスペシャルムービーを見つけたので久々に貼り付けておきます。
 まあ久々といっても管理人がネット自体に飽きが来ていてパソを開くことすら少なくなっておりますので、ふらりと立ち寄った方には先の記事(冗談まがいの)との時差は感じられないのかも知れません。

 すいません、更新頻度が異常に低い のです(苦笑)



 大画面で見たい方はどうぞ→大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説-YouTube-

 それでも、たまに開くと常時10人前後の方が覗きにいらしてくれているようで、もうちょっと彼らに貢献できるブログにしなきゃいけいないな、と思います。ホントすいません……。

 さて今回のムービー、実にワクワクとさせてくれる精度になっております。舞台の中心が地球ではなくウルトラの星=M78星雲 光の国であることで、ある点において地球の重力事情に影響されないアクションがなされており、背景に当たる部分も当然のようにグリーンバックを基調としたCGによる合成を中心とされているようです。
 ざっと動画を見た印象なのですが、円谷単独であったころのウルトラのCGアクションというのは、着ぐるみによるアクションとCGによるアクションとの乖離が甚だしく、閉鎖したHPでも何度が苦言を呈して常連さんとの意見の相違もあったものですが、それがかなりの部分で解消されているように思いました。

 もちろん、それは全編を見るまでは断定できるものではないのですが、少なくとも今回の動画においては自分の理想にかなり近づいたモノになっていると感じます。

 基本的に、CGって実写では表現できないものを実現できる素晴らしいツールではあるのですが、あまりに「CGまるだし」では、「ミニチュアまるだし」であった頃とツールの鞍替えでしかないじゃないか、と考えていたんですよね。だから俺はCGが嫌いなんじゃなくて使い方が嫌、という立ち位置に立っていたわけなんです(少なくとも、ウルトラに関して言えばね)。
 実際、俺ってCG大好きですから。かつての映画「ULTRAMAN」では、そこの部分で感動したシーンもあったわけですし。

 そういう部分が、今回の動画ではかなり解消されていたという印象です。これはウルトラマン自体をCGにしちゃうというところから、精度の高いワイヤーアクションとの合成を的確に利用している部分が大きいのかもしれない。
 別段、管理人がVFXに精通しているわけでもなんでもないので想像の域を越えないんですが、そういう風に感じました。
 かなり期待できそうです、今回の映画は。

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE 公式サイト

金甲戦士

 中国初の国産特撮ヒーローが話題になっているそうです。

金甲戦士



 金甲戦士 THE GOLDEN HERO







 以下、一部引用。

 金甲戦士は特別救助隊の隊長、小中天がエネルギーベルトにより変身し、地球を守るために襲来する宇宙生物と闘うもので、データは
変身時の身長 : 179cm、腕力 : 1500kg、最高速度 : 時速60km、なのだそう。
また戦闘時には属性のちがう、烈焔剣(火)、冰暴剣(水)、颶風剣(風)、雷霆剣(雷)、曙光剣(光)の5振りの剣を使用するとあります。

 引用元HPHEAVEN*要PC

 一部ではウルトラマンのパクリだ!とかって批判もあるようですが、個人的にはこれはこれでいいんじゃないかと思っています。
 というか、個々の国々の伝統的な英雄譚なり伝奇作品などを除き、こと特撮ヒーロー物に限れば、アジア圏で日本製ヒーローの影響を受けていない作品なりデザインなりっていうものが、皆無といってもいいくらいですし、裏を返せば日の丸ヒーローがそれだけ波及力に優れているということでしょう。ここは誇っていいところ。
 まあ、海賊版に毛の生えたような作品を、無理やり「ウリナラのオリジナルなものニダ!」とかって強弁する某国にくらべれば、ちゃんとデザインから起こしているだけ遥かにマシです。


 ええ!パクリだなんて俺は言いませんとも!


 ちなみに、出演陣はこんな感じ。
 以下、ウルトラの防衛隊にあたる特別救助隊のメンツ。


 金甲戦士に変身する主人公が、このイケメン。
特救隊隊長


←ミライ隊員(とはいっても、役職は隊長)









特救隊隊員


←リュウ?それともジョージ?









特救隊副隊長


←マリナ?









特救隊隊員

←コノミ隊員(激似)










特救隊隊員

←テッペイ(爆笑)










 金甲戦士の公式ページはこちら→正義!勇気!友情!*要PC


 おまけ。
 金甲戦士オープニング動画。中々カッコいいです。




ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード