付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

イラスト


【画像】過去から見た未来の戦争、20世紀前半の先端兵器イラスト(33枚)

Strange Weapon Concepts from the Past

「人が想像できることは必ず人が実現できる」という言葉を残したのはSFの父ジュール・ヴェルヌですが、一方で「スイスが平和な500年の中で生み出したのは鳩時計だけだ」という有名なセリフを映画『第三の男』で残したのは、名優オーソン・ウェルズ。

 ご紹介するのは、恐らく1930〜40年代に描かれたであろう戦術兵器の想像図ですが、現在ではけっこう実現されてるものもあったりして面白い。
 あえて「必要は発明の母」という言葉を持ちだせば、前世紀の必要と今世紀の必要の概念は異なるのだと信じたいところです。

続きを読む

【アート】猫を使ったビンテージ広告コレクション(21枚)

vintage_cat_advertisements_15

 過去にもいくつか取り上げてきたヴィンテージ広告ですが、ご紹介するのは猫をモチーフとした古い広告の画像。
 現在にいたるも子供と動物は広告媒体の有能なセールスマンですが、古い広告となると、現在の感覚ではちょっとさびしそうな写真が使用されているようにも感じます。
 特にイラストを用いたものは、レトロな趣きがあっていいですね。

続きを読む

【画像】ニューヨーク・タイムズに『水木しげる』が寄稿した、東日本大震災そして津波

20b

先週の水曜日の深夜にThe New York Times紙のアート・ダイレクターから連絡があり、水木しげる氏に『今回の日本を襲った地震と津波による大災害についての水木さんの個人的な考察』を絵で描いてもらえないでしょうか?と言うオファーがきました。
そして、2日後の金曜日夕方、絶対に水木さんしか描けないガチンコの作品がupしました。

そして、日本時間の今日、アメリカのニュース・スタンドで、水木さんが描いた力強い作品が掲載されたThe New York Times紙が発売になりました。
(PRESSPOP JOURNAL 3.21.2011)

 ニューヨークタイムズは斜め上をいきますね。

水木しげる 超1000ページ(上) (studio voice comics)水木しげる 超1000ページ(上) (studio voice comics)
水木 しげる

水木しげる 超1000ページ(下) (studio voice comics) 水木しげる 奇談 貸本・短編名作選 異形の者・吸血鬼 (ホーム社漫画文庫) (HMB M 6-6) 水木しげる 妖奇 貸本・短編名作選 人魂を飼う男 (ホーム社漫画文庫) (HMB M 6-3) 水木しげる 魍魎 貸本・短編名作選 地獄・地底の足音 (ホーム社漫画文庫) (HMB M 6-5) 水木しげる恐怖貸本名作選 墓をほる男・手袋の怪 (ホーム社漫画文庫) (HMB M 6-2)

by G-Tools

【アート】Don Kenn がポストイットに描くモンスタードローイング

Moving-Island

 ドン・ケン(Don Kenn)は1978年デンマーク出身のアーティスト。
 子供向けのテレビ番組のライターが本業だそうですが、一方でポストイットのメモ帳にごらんのような作品を描くことに趣味を感じているのだそう。これら事務用品によって描かれる素晴らしいアートは、子供のころの豊かだった想像力をそのまま写しとっているような妖しさと好奇心に満ちています。

続きを読む

【アート】ロシア人イラストレーターによるクールな作品 By Valery Barykin

Valery Barykin_00

 ロシア人イラストレーターであるヴァレリー・バーキン Valery Barykin は、ポスターデザインやピンナップイラストなどを主に描いているようですが、海外サイトでは結構多く取り上げられているようです。
 画家の詳細はわかりませんが、60年代のアメリカン・ピンナップにも通じるところを感じさせる、なかなか魅力的な作品ではないでしょうか。

続きを読む

【アート】素晴らしく懐古的なイラストレーター - Jean-Baptiste Monge

creatures-in-monge-paintings-07

 ジャン=バティスト・モンジュ Jean-Baptiste Monge の描く作品を見ていると、彼が1971年出生の若いイラストレーターであることなど意味を失ってしまいます。子供の頃に見た北欧の精緻な妖精絵本のような、そんなデジャヴを感じる上品で懐古的なタッチ。
 この素晴らしい絵の数々が平成の世に描かれたことに、文化的背景をもつヨーロッパの強みをやはり感じてしまう。

 サンリオから刊行されていた妖精の分厚い大型絵本を、ドキドキしながら読んだのはいつの頃だったかな....。

続きを読む

【アート】アメコミのスーパーヒロイン画像 30枚



 ほとんど読むことはないけど映画化されたものは一通り見ていて、イラストのテイストは基本的に大好きという、そんな半可通な管理人のスタンスで選びましたアメコミ美女のセクシーイラスト30枚。
 個人的には23、29、30のアダム・ヒューズがお気に入りです。

続きを読む

【アート】東京フラッシュバック - ヴィンテージデザインとイラストレーション。

奇抜と滑稽

 ヴィンテージな日本のデザインとイラストを、海外サイトで特集していたのでご紹介。転載した画像は一部ですが、日本人から見れば懐かしさを感じる素朴なイラストも交じっています。

 60年代後半から70年代にかけてのアヴァンギャルドなデザインと同列に紹介されていることには、違和感を感じるかと思ったのですが....むしろ大正モダンから昭和への移行期である1920年頃にまで遡ると違和感なく溶け込んでいて、新しさを感じたりして面白い。
 やっぱり、歴史は常に新しいんだよね。

続きを読む

【アート】躍動感あふれるウルトラマンや怪獣のイラストレーション - from ソノシートブック。

ultraman_return_16

 昭和40年代にテレビドラマや特撮番組の挿画絵師として活躍していたイラストレーター、岡崎甫雄(としお)氏によるソノシート本のアートワーク。扉絵に使用した、新マンの躍動感が素晴らしい。

続きを読む

【アート】ゲーム世界のような混沌カオスな世界観 - Keith Thompson Art

grandmap

 キース・トンプソン Keith Thompson というコンセプトアーティスト/イラストレーターによるウェブサイトのご紹介。
 日本人受けしそうなタッチの絵で、この人にゲームのデザインとか任せたら面白そう。サイトはイラストレーションとコンセプトアートのコンテンツにわかれていて、スチームパンクや第二次大戦のイメージ、エイリアンやロボット、果てはギリシャ神話や魔法世界を思わせるものまでが渾然一体となった魅力的な世界観にあふれています。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて

キネコ

Author:キネコ
ようこそ、付録部 blog-buへ。
当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。
管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp.』他でも執筆中のフリーライター。ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。

■リンクフリーです。
■ネタのタレコミなどありましたら、メールフォームでお知らせください(採用の保証はしかねます)。
■相互リンクは随時募集しています。お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

■お仕事のご依頼は、下段のメールフォームからお願いします(※当ブログパーツの下部アイコンはメールフォームとは異なりますので、ご注意ください)。

メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード