last_french_executioner_59

 アルジェリア最後の死刑執行人であったフェルナン・メイソニナーは、1947年から1961年の間に200人以上の死刑を執行した人物。
 当時はフランス領であったアルジェリア(フランス領アルジェリア)において、代々の死刑執行人の家系に生まれついたメイソニナーは、12歳の時には助手を務め、義務教育を終えた1947年には父親のモーリスの後を継いで死刑執行人となっています。

 ご紹介するのは2008年に亡くなったメイソニナーの所有していた、数々の拷問器具のコレクション。想像を逞しくしてご覧ください。

続きを読む