Vladimir Clavijo Telepnev

 どこか観念的でエロティック――おなじみ“アリス”を魅力的なイメージでまとめてみた画像たち。

 アリスって、おとぎ話特有の怖さや悪夢感が感じられなければいけないと思うのね。ルイス・キャロルがそうであったように、少女性に惹かれながらも手をつけてはいけない距離感というか、不可侵さ。永遠の少女を物語や写真に封じ込めようとする、キャロルの視点が既に怪奇なのだし。
 ややもすれば悪夢に変わる危ういバランスを感じさせるものが、やっぱり最高に魅力的だと思う。
 そうそう、アリスってこうなんだよ。と感じてもらえれば嬉しい。

続きを読む