付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

アメコミ


【画像】ブルガリアのモニュメントに職人すぎる落書き

article-2004814-0C9D043F00000578-952_634x418

 ブルガリアの首都・ソフィアにある第二次世界大戦のソ連軍のモニュメントが、スタイリッシュすぎるイタズラ書きをされていたそうで、思わず「ここまでイってしまうとアートといえるんじゃないか。保存すべき」とか思ってしまうと、奴らの思うツボなんだと思います。

続きを読む

【ショートフィルム】フランスで作られたインディーズ『バットマン』、立ちはだかるのはウルヴァリン!

Batman_Deliverance

 フランスのインディーズ映画会社アトミック・プロダクションの製作したショートフィルム『BATMAN DELIVRANCE』は、監督および脚本をピエール・デグランジュ氏がつとめたフィルムノワール作品。
 すでに老境に差し掛かるバットマン=ブルース・ウェインは、今ではゴッサムシティの市長におさまり、ヒーローとしての一線を退いていました。

 かつては潤沢であったウェイン財団の資金も底をつき始め、過去のトラウマにとらわれるブルースはアルコールにおぼれる毎日....しかし、以前のように暴力の支配する町と化しているゴッサムシティを救うため、ふたたび蝙蝠のスーツを身にまとおうとします。
 物語はそんなブルースの葛藤をモノローグを交えて描いていますが、やがて彼の前に、”ある敵”が立ちふさがるのでした。

続きを読む

【アート】アダム・ヒューズお気に入り画像集(25枚)

The_Many_Faces_of_Selina_Kyle_by_AdamHughes

 個人的なことですがハードディスクの容量が限界に近付いてまして、フォルダの整理をかねて画像をうpするシリーズをお届けしますw
 というところで、大好きなコミックアーティストのアダム・ヒューズ画像をお届けするわけですが、コミックスの表紙を別のアーティストが描くというアメリカン・コミック界の慣習もあって、ヒューズさんも多くのカバーアートを描いています。
 氏の絵の特徴はなんといっても女性の美しさにあると思います。デフォルメも程々なリアル傾向のタッチなんですが、曲線がなめらかで、動きも女性的で柔和な印象。圧倒的なデッサン力はもちろんのこと、計算され尽くした構図で一枚絵としての完成度が高い。
 お楽しみください。

続きを読む

【映画】ティム・バートン幻のヒーロー映画『スーパーマン・ライヴズ』の貴重なメイキング



 『スーパーマン・ライヴズ』といえば、ワーナー・ブラザースが鬼才ティム・バートン監督に製作を依頼しながらも結果的に製作中止となってしまった、幻の映画として以前に取り上げたことがありました。
 当該記事では奇抜なスーパーマンのコスチュームデザインを主に取り上げたのでしたが、今回はそのコスチュームのデモ映像ともいえる動画が公開されていたようなのでそちらをご紹介します。

続きを読む

【アート】超クールなスチームパンク風バットマンのイメージポスター

enhanced-buzz-1375-1291065191-22

 コミックブック・ライターのウォーレン・エリス氏は、彼のファンに向けて、製作されることのなかった『サイレントバットマン映画』をイメージした作品の制作を行ったそうですが、それがご紹介するスチームパンク風バットマンのポスターです。
 架空の映画を想定しているとはいえ、ゴッサムシティの闇夜を守るバットマンやバットモービルのイメージは、なるほどスチームパンクとも親和性は高い。あり得ない世界観とはいえ、空想が広がるアートワークです。

続きを読む

【アート】アメコミのヒーローに独自のデフォルメを加えたダークな作品集。

Batman__Superman_Wonderman_by_UMINGA

 Christopher Uminga さんの描く、キュートだけどダークなイメージの作品の中から、アメコミに関係するキャラクター作品を抽出してご紹介。
 独特のデフォルメ作品はどこかアンバランスなイメージで、沈んだ色彩とともにじっくりと見ていると不安になってくるような、不思議な吸引力があります。
 興味を持った方はオフィシャルサイトで、よりたくさんの作品を楽しんでみてください。

続きを読む

【アート】アメコミのクールな画像 36枚

AVE_INIT_COV

 あんまり余計な説明いらないかも。
 とにかく海外サイトを渉猟していて集めたものの中から、自分なりに厳選したアメコミ画像をちょっと多めに張り付けてみます。
 先にご紹介した スーパーヒロイン画像 でも書いたように、アメコミ自体にはさほど詳しくないんですが、純粋にアートとしてのアメリカンコミックは管理人の興味の対象ではあるのです。

続きを読む

【画像】おとぎ話の少女たちが成熟しすぎている、ちょっとHなコミックアート

cartoon-characters-behind-the-scene-10

 ZENESCOPE というカナダのコミックメーカーがありまして、そこがなんだかエロいらしいのでご紹介というわけです。
 中でもいわゆる西欧の昔話、グリム童話やアリス譚、そういったモチーフのアダルトっぽいデフォルメが得意な出版社みたい。成熟しすぎなアリスとか赤ずきんとか白雪姫とか、そういったものに何かしらエロスを感じてしまう向きには好都合というのか、ひどくニッチな購買層を狙ってるな、と感じたしだいです。

続きを読む

【アート】アメコミのスーパーヒロイン画像 30枚



 ほとんど読むことはないけど映画化されたものは一通り見ていて、イラストのテイストは基本的に大好きという、そんな半可通な管理人のスタンスで選びましたアメコミ美女のセクシーイラスト30枚。
 個人的には23、29、30のアダム・ヒューズがお気に入りです。

続きを読む

【画像】ハロウィン向けセクシーコスチュームに身を包んだ美女の画像 18枚

sexywolverine

 近年では徐々に日本にも浸透しつつあるとされながらも、管理人の周囲ではほとんどそんな様子も見られないカトリック万聖節の前夜祭「ハロウィン」ですが、海外ではアメリカンコミックをモチーフにした、このようなハロウィン向けの衣装が売られているようなのです。
 なにやらけしからん匂いがしますが、日本がけしからんことになってはいかんという純粋な思いからも、このようなけしからんものは紹介しておかないわけにはいかないのです。

続きを読む

【画像】濃ゆーい、海外コスプレ事情 - New York Comic Con の場合。

robo_cop

 いやはや向こうのコスプレは、こゆい。
 ご紹介するのは ニューヨーク・コミック・コン でのレイヤーさんを撮影した画像だそうですが、日本のものと比べて全体にこってりしています。海外でのイベントのため、出典のわからないものはアルファベットのままにしてあります。
 それにしても、皆さんノリノリですねえ。

続きを読む

【アート】戦争写真に紛れ込むアメコミのヒーローたち。

6000a6d9
A Camp Near Minsk 1941(ミンスク近郊のキャンプ 1941年)

 巧みな合成により歴史的な報道写真にスーパーヒーローたちを登場させてしまった、インドネシア人アーティスト、agan harahap さんによる連作のシリーズ。タイトルにはあえて“アメコミ”としましたが、一部おなじみのSF映画や日本のヒーローも紛れています。まあ、ざっくりとアメコミでいいんじゃないかと。
 映画の『ウォッチメン』を思い出しますが、よく考えれば、向こうのヒーローって元々こういうコンセプトって匂わせてますね。

(※一部、刺激的な写真が紛れていますのでご理解のほど続きから)

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード