Tepuis01

 地球最後の秘境と呼ばれる「アウヤンテプイ」は、南アメリカ大陸北端に広がる、いわゆる“テーブルトップ・マウンテン”のひとつ。
 ギアナ高地を構成するテーブルトップ・マウンテンの中でも、最大のものであるというアウヤンテプイは、シャーロック・ホームズを生み出したアーサー・コナン・ドイルのSF小説『失われた世界(ロストワールド)』の創作にもインスピレーションを与えたといわれる、伝説的な巨峰。
 標高2,560m のアウヤンテプイは、100以上も点在する現地テーブルマウンテンの中でも、独自の生態系を維持しています。雲海にそびえる姿は、まさに「天空のロストワールド」ともいうべき威容を誇っていますね。

続きを読む