付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

びっくり


【生物】驚異の天然ギア構造。歯車機構を持つ昆虫が発見される

burrows5HR

 自動車や自転車、時計などなど、我々の生活とも切り離せない歯車は、アレクサンドリアのヘロンが発明した「風力オルガン」などにその原型を見ることのできる、機械構造の要とも言うべきシステムです。
 てっきり人間が発明したとばかり思っていた歯車なのですが、自然界にはすでに歯車を備えている生物が存在していたようです。
 イネ科の害虫として知られるウンカ類の一種である「Issus coleoptratus」の幼虫は、5ミリにも満たない体で約1メートルもジャンプしますが、この幼虫の後ろ脚に歯車状の構造が発見されたことが注目を集めています。

続きを読む

【歴史】毛髪や爪を埋め込んだ“生き人形”、奇想天外人形師の「ハナヌマ・マサキチ」像

hananuma masakichi

 1885年(明治18年)に制作されたとされるマサキチ像は、日本よりもアメリカで有名な活人形(いきにんぎょう)の一つ。

「Believe It or Not(信じようと信じまいと)」で知られる好事家ロバート・ルロイ・リプレーの膨大なコレクションの一つですが、当時は不治の病とされた結核を患ったことでマサキチは死を覚悟し、恋人にプレゼントするために自らの生き写しである活人形(生人形)を制作させたというものらしい。
 毛髪や体毛はもちろん、歯や爪まで抜いて埋め込み再現することで、いわば自らの身代わりを、記念品として恋人に遺そうと考えたわけです。

続きを読む

【動画】命知らずのピタゴラ装置「人力フリーランニング・マシン」が凄すぎる

Freerunning Machine

 フリーランニングとは、いわゆるパルクールと同義語ですが、フリーランニングを専門とする人たちのことをフリーランナーと呼ぶそうです。
 動画はそのフリーランナーたちが、プロ・フリーランナーのジェイソン・ポールを中心に、ヒューマン・パワーのルーブ・ゴールドバーグ・マシンを作ってしまったというもの。
 とにかくド派手で豪快、呆気にとられる内容になってます。

続きを読む

【話題】食物連鎖を数値化、人間はイカと同等かそれ以下の可能性

img1

 食物連鎖を数値化するある方法では、ヒトは食物連鎖の中でスルメイカと同等かそれ以下という驚くべき数値が現れたそうです。

 その新手法を開発したのは日本の海洋研究開発機構。
 同機構の力石嘉人主任研究員らが開発した手法は、食物連鎖の頂点にいくほど、細胞内の2種類のアミノ酸に含まれる“窒素15”というタイプが一定の割合で増える点に着目したというもの。

続きを読む

【動画】大砲の弾もへっちゃら!史上最強のお腹を持つ男、フランク“キャノンボール”リチャーズ

cannonball_richards

 フランク“キャノンボール”リチャーズ(1887-1969)は、カーニバルや寄席などで腹部に重い打撃を与えることを呼びものとした、20世紀前半のパフォーマー。
 並んだ男たちのパンチを次々と腹で受け止め、腹の上でジャンプさせたりスレッジハンマーで打たれたり、挙句の果てに104ポンド(約47キロ)の大砲の弾で撃たれたりと、“史上最強の胃を持つ男”としての名をほしいままにしました。また、「マナッサの巨人殺し」「拳聖」などの異名を取った20世紀の偉大なボクシングチャンピオン、ジャック・デンプシーのボディブローを受けても平気だったのだそうです。

続きを読む

【動画】あのネコ動画もこのネコ動画も?! まさかの真実、キティウッド・スタジオのネタバレすぎる動画

Kittywood Studios

 みんな知ってるコチョコチョぱあとか、舌チロチロ猫とか長靴をはいた猫とか、まさかの同じスタジオでされたものだったの? という、本気のネタバレなのかネタなのか、色々と物議をかもしそうな動画。

 ちなみに管理人はネタ派です。もちろん全てがフェイクと決めつける立場じゃなくて、ある程度の真実とフェイクをまじえて作られた故意犯的な動画じゃないかと。確信はないですけどね。直立する猫とか、わざわざモーションキャプチャでCG化するほどのものじゃないし、手順が逆だもんね。

 関係ないけど、会議室にジャックダニエルがある職場は管理人の理想。

続きを読む

【画像】世界のモンスター野菜いろいろ(13枚)

giant-vegetable01

 タイトルまんまですが、世界の巨大野菜いろいろ。こういうのを見てると野菜って適切なサイズで収穫されてるんだなあと思う。
 ところで同じおっちゃんが複数枚にわたって撮影されてるんですが、巨大野菜界のオーソリティーか何かなのだろーか。

続きを読む

【画像】人間のような子犬のショッキング画像

mutant03

 ご紹介するのは、南アフリカ共和国はケープタウンの郊外にある小さな町・カエリチャで生まれたという、人間の嬰児のような姿をした子犬の画像。“犬が人間の子を産んだ”として好奇的に報道されたのだそうですが、実際には Water puppie と呼ばれる症状で、全身浮腫の症例の一つなのだそう(管理人は病症について詳細を語れる立場にはありません)。
 それにしても単に全身がむくんでいると言われても、寝ている姿や全身の様子など本当に人間の子供のようで奇妙な感覚に陥ります。

(※いちおう注意喚起しておきます)

続きを読む

【画像】デカすぎる!世界のビッグな犬の画像 14枚

giant_dogs_world_16

 海外では犬まで拡大志向なのかどうなのか、普段は猫ばかり見慣れている管理人はたまに大型犬の散歩光景などに遭遇するだけで「でけー....」っとなるわけですから、夜道でこんなデカい犬に出くわしたら堂々と腰を抜かす自信があります。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード