karakuri

 大阪の寝屋川に拠点を置く、からくり人形の製作および研究集団『夢からくり一座』を取材した、テレビ局アルジャジーラのカメラマン、マシュー・アラード氏の撮影によるドキュメント「Karakuri」。
 インタビューを受けているのは同一座の東野秀規さん。父親である座長の進さんから技術を受け継ぐに至ったエピソードを語っています。

 動画の解説には、日本におけるロボット工学のルーツを200〜300年前の江戸時代からくり人形に求めることができるとしています。受け継がれていく技術、それを失ったら日本が日本でなくなるような気がしますよね。

続きを読む