秘録 必殺シリーズの舞台裏―カルト時代劇に賭けた男たち (映画秘宝SPECIAL)

今回でひとまず、仕事人2007関連の記事は終了とします。
といっても、必殺に関しては思うところを記事にしてはいきますけどね。

で、ひとまず区切りの今回、必殺ファンにとってはいい加減聞き飽きた(笑)必殺の前期・後期について、自分なりの考えを披露してみようかと思います。
(※あまり必殺に詳しくない方には、続きのページにシリーズリストを書いておきますので、参考になさってください)

まず、必殺シリーズが特異なのは、連続して15年も放送を継続した作品でありながら、各作品に一定した作調がないことなんですよね。だから例えば、水戸黄門は初代がいいとかいうレベルでは測れない部分があるんですよ。
中には仕事料をとらない作品もあれば、オカルトもある。
そんなシリーズです(笑)

続きを読む