付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

好奇心/びっくり


【動画】ミャンマー(ビルマ)のパンク・ロックについて短いドキュメンタリー

386510913_640

 映画『ビルマの竪琴』の舞台ともなった現・ミャンマーのビルマ語での正式名称は、現在でも「ビルマ」であるらしい。
 1989年に軍事政権の最高決定機関「国家平和発展評議会」によりミャンマーと改称されることになりますが、国号に関しては複雑な問題があるようで、例えば軍事政権を認めないアウンサンスーチー氏やアメリカ合衆国など依然として「ビルマ」とする国や人々、国号の併記を採用する国など様々あるようです。詳細についてはウィキペディアに詳しい。
 さてと、ご紹介するのは、「50年間、ミャンマーは軍事独裁政権下にある」という言葉から始まる短いドキュメンタリー『Yangon Calling Crowdfunding』。クラウドファンディングによる長編映像化を求めているようです。

続きを読む

【画像】アメリカに息づく「ネオナチ」、国家社会主義運動の全国大会を撮影(24枚)

syezdamerikanskoynacistskoypartii-17

 いわゆる「ネオナチ」は、かつてのナチズムとは似て異なる様態を示しながら世界的に拡散しているわけですが、ご紹介するのはフォトグラファーのジョン・ミラノ氏が記録した、アメリカのとあるネオナチ集会の記録。
 アトランタに国家社会主義運動(NSM)を称するメンバーたちが集まり、2013年全国大会を謳いながら国会議事堂へ向けた行進を行ったらしい。
 現代のネオナチズムは、アメリカの病理である KKK のような白人至上主義団体と奇妙な集合を見せながら、根深く息づいているようです。

続きを読む

【画像】コペンハーゲンの赤線地区と娼婦たち「Now that you are mine」

Trine Sondergaard

 デンマークの写真家、トリーネ・ソンダーガード(trine sondergaard)さんが、1997年から2000年にかけて撮影した、母国の首都コペンハーゲンの赤線地帯で夜ごと繰り広げられる人間模様の活写。
 『Now that you are mine』と名付けられたシリーズは、奇を衒うでもなく、娼婦たちの日常の姿を淡々と写し出しています。

続きを読む

【画像】SM愛好家がリビドー垂れ流す祭典『DomCon LA』が今年で10周年(35枚)

DomCon LA 35

 緊縛とかSMとか、思えばこれまでにも幾つか取り上げてきた付録部でしたが、「DomCon」は初めてでございました。
 ドムコンは、「BDSM」の愛好家の祭典として、ロサンゼルスで毎年行われているコンベンションで、SM好きのコミコンみたいなもの(←違う)。2003年から開催されている DomCon が、今年で10周年なのだそうですよ。
 というわけで、画像は8日から12日まで行われた「DomCon LA」より、痛ましくも熱気あふれる写真をいくつか。

続きを読む

【歴史】エナジードリンクとしてのコカ・コーラ、知られざる9つの歴史

coca-cola-3

 管理人的には「映画の友」として得がたい魅力を放つ清涼飲料水の王様『コカ・コーラ』ですが、世界初のコーラ飲料とされるコカ・コーラの発祥は19世紀に遡ることができるほど、歴史の古い飲料であったりします。
 その歴史をひも解くと浮かび上がる、9つの真実。
 わりと有名どころも混じってますが、きっと1つくらいは「へぇボタン」を押したくなるエピソードがあるはず......と思う。

続きを読む

【映画】ハリポタのダニエル・ラドクリフが、東京の実録裏社会を描く『TOKYO VICE』に主演

TokyoVice

 これを機に、邦訳本が出版されればいいけど....。
 映画『ハリー・ポッター』シリーズで主人公のポッター役を演じたダニエル・ラドクリフが、日本のヤクザと裏社会を描くスリラー映画『トーキョー・バイス』に主演することが報じられました。
 ダニエルが演じるのは実在のジャーナリストをモデルとした主人公で、映画の原作となるのは、あまりに過激な内容から日本での出版が見送られた、いわくつきの書籍『Tokyo Vice』。ジェイク・エーデルスタイン著作の本を含め、続きで軽く説明してみます。

続きを読む

【画像】まさに規格外、ロシアのリアル「超人ハルク」がインクレディブル

267739

 リアル・インクレディブル・ハルクの異名を持つロシアのアームレスリング・チャンピオン、デニス・シプレンコフは1982年3月10日生まれ。
 身長185センチ、体重140キロ。上腕二頭筋周囲60センチ、手首周り24センチというスペックを持ち、2008年にはほとんど経験のなかったアームレスリング大会に出場し、アマチュアでありながら左右の腕で共に並みいる強豪を押しのけて優勝してしまったという、規格外の怪物です。

続きを読む

【アート】人の皮で家具を作ったらこんな感じ? というフェイクなシリーズ「SKIN」

Harrison

 スコットランド・エディンバラをベースに活動するアーティスト、ジェシカ・ハリソンの目を惹く作品「Skin」は、あたかも人間の皮で作られたようなミニチュア家具のコレクション。
 人間だって動物のひとつだし、刺青の人体標本などもあるわけだから、皮革の活用というのは物理的には可能なのかもしれない――なんてことが頭をよぎる。ちょっと猟奇的だけど、目をそむけることもできないメッセージ性を感じる作品。そして多分、そこがアートとして意図するところだろうと思う。
 タイトルの通り、作品はフェイクですのでご安心ください。

続きを読む

【動画】動物の轢死体を食べる男のドキュメンタリー、「The Man Who Eats Roadkill」

img_67_the-man-who-eats-roadkill

 イギリス・ボドミンムーアに暮らす73歳のアーサー・ボイトさんは、特殊な食生活を続けていることから悪名高い居住者として気味悪がられています。
 彼が食べるのは、自動車でひき殺された動物などの、路上や山で拾ってきた死体。肉を買うことも狩りをすることもなく、アーサーさんは死体を自宅へ持ち帰り、自ら調理して食べるという行為を続けています。
 彼の行為が異常なのか、それとも彼の行為を異常とする社会が病んでいるのか――考えさせられる映像ですが、アナグマの解体や調理の様子などが映されるため、興味のある方だけご覧ください。

続きを読む

【画像】タイの少年売春の実態、フォトシリーズ「Underage」(動画あり)

malchikiprostituti-6

 写真家の Ohm Phanphiroj 氏によるプロジェクト「Underage」は、微笑みの国タイで行われている非合法な少年売春の実情を写し出そうとするもの。
 こうした少年たちの多くが異性愛者である自分を自覚しながら、お金のためにゲイの男性に体を売っており、またそのほとんどが女性との性交渉の経験を持っていないといいます
 10代の少年たちによる売春行為はタイの社会の根深い問題を現わしていると語る Phanphiroj 氏。少年男娼たちの個人データを示しながら、彼のシリーズ「Underage」は続けられています。

続きを読む

【話題】私は生きる屍、自分を「ゾンビ」のようだと思いこむコタール症候群

Cotards-Syndrome top

 世界でも珍しい精神疾患の一つに数えられる「コタール症候群(Cotard's syndrome)」は、いわば自らの肉体を「死体」あるいは「朽ち果てていく」と信じこむ、“身体性の否定”に根差した精神疾患だという。
 全米を震撼させたゾンビ・アポカリプスも過去のことになりつつありますが、こちらは精神的な意味で自らを「ゾンビ」であると信じて疑わない、現在も存在する病であるようです。

続きを読む

【動画】オバマ大統領のシークレットサービスにエイリアンの姿

OBAMA ALIEN

 バラク・オバマ大統領のシークレット・サービスにエイリアンが混じっているとして話題になっているのが、ご紹介する動画。
 2012年にワシントン・コンベンションセンターで行われた全米最大のシオニスト・ロビイスト団体「アメリカ・イスラエル公共問題委員会(AIPAC)」の政策集会を記録した映像の中に、爬虫類のような姿と不気味な挙動とナレーションされる、宇宙人らしき人物が映り込んでいます。
 信じるか信じないかは、あなたしだい――というか、壇上に座るAIPAC会長のリー・ローゼンバーグの顔も宇宙人みたいです。

続きを読む

【画像】香港のダークサイド、金属のケージに住む人々(動画あり)

hong-kong-cages

 アジアで最も裕福な都市のひとつに数えられる香港ですが、ヴィクトリア・ピークから街を一望する生活がある一方で、その足元には階層化された社会の闇も存在しています。
 超過密都市・香港の生活事情については過去に触れたとおりですが、より底辺では寄る辺なき人々が金属のケージに押し込められ、文字どおりの“籠の中”で暮らすことを余儀なくされている姿があるようです。

続きを読む

【生物】光を必要としない独自の生態系、「エイリアン・スライム」群が地底湖から発見される(オーストラリア)

image_926_2

 ナラボー砂漠とは、オーストラリアのグレートビクトリア砂漠南部、グレートオーストラリア湾の北湾に位置する砂漠気候の平原。そのナラボー平原にある地底湖「Weebubbie Cave」から、カーテン状に広がる謎の微生物群「エイリアン・スライム」が発見されたことが注目を集めています。
 エイリアン・スライム、または“ナラボーの洞窟スライム”と呼ばれる謎の微生物群は、光合成をおこなう生態系のグループから完全に独立した生態系を維持しており、塩分を含む水の中でアンモニアを酸化させることによって生存していると見られています。

続きを読む

【話題】巨大化したミュータント・ネズミが増殖、狙撃部隊投入で掃討作戦が開始される(イラン)

GiantRats

 イランの首都テヘランは、現在“遺伝的な突然変異”を遂げた巨大ネズミの脅威にさらされているようです。
 巨大なもので5キロにも達するという巨大ネズミは、テヘランの26の地区で人々を苦しめており、巨大化した齧歯類を駆除するために政府が狙撃部隊を送り込んだことを都市環境局が明らかにしました。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード