付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

宇宙

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

NASAが気象衛星の擬人化に着手。でも可愛くなかった

Page 1 - GPM Meets Mizu-Chan

 擬人化の波は、ついにNASAにまで及びました。
 国際的な気象観測計画『GPM計画』をアプローチする手段としてMASAが選んだのは、なんと気象衛星を擬人化したコミック。
 NASAが採用した日本の自治体的発想にさぞかし注目が集まるかと思いきや、全方位的にスルーされているみたいです。
続きを読む

NASAが今年の締めくくりにMVを公開。テーマはISSとHOME - 『93 Million Miles』

93_million_miles2

 2011年の完成以来、活動を続けてきたISS(国際宇宙ステーション)。
 そんなISSで、2014年に行われた実験映像を中心に編集されたミュージック・ビデオを、NASAが公開しました。
 楽曲はジェイソン・ムラーズの『93 Million Miles』。
 地球と太陽の距離9300万マイルをタイトルに、「帰る場所はここにある」と歌うリリックな歌詞が、不思議とISSの映し出す宇宙の光景と重なります。

続きを読む

人類初の月面着陸から45年。アポロ11号のレアな写真をたっぷりお届け

Apollo1

「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」
 この有名なフレーズを残したのは、アポロ11号に搭乗したニール・アルデン・アームストロング船長でした。
 東西スペースレースまっただ中におこなわれた、有人宇宙飛行計画「アポロ計画」により、初めて人類が月に降り立ったのは1969年7月20日。今年は人類が月に降り立った日から数えて、45周年にあたります。
 そんなメモリアルイヤーに送る、アポロ11号の貴重な写真集です。

続きを読む

【動画】完全にSF。惑星探査用プラットフォーム『モルフェウス』がフリーフライトに成功

BeI4jyLIQAAmjgD

 プロジェクト・モルフェウスと呼ばれるNASAの惑星離着陸機開発計画が記録した映像は、637フィート(約194メートル)の高度へと開発機が上昇し、水平飛行を行いながら467フィート(約142メートル)離れた着陸地点へと降下する、フリー・フライトの様子。
 再使用ロケットの映像については、これまでにも何度かご紹介してきましたが、プロジェクト・モルフェウスはそれとは異なり、有人型の惑星探査用プラットフォームを想定して開発が進められているようです。

続きを読む

【動画】アメリカの民間企業が、次世代スペースシャトル『ドリーム・チェイサー』の最新動画をリリース

19dy2nhqnhjqsjpg

 米航空宇宙局(NASA)による運行を2011年に終了し、事実上の民間商用宇宙船への交代が行われた、スペースシャトル計画。
 NASAが商業軌道輸送サービス契約を結んだスペースX社については、以前に垂直離着陸ロケット「グラスホッパー」をご紹介したことがありましたが、今回ご紹介するのはアメリカの民間企業シエラ・ネヴァダ社が開発を進めている、次世代スペースシャトル『ドリームチェイサー』のリリース映像。
 スペースシャトルは終わっていません!!

続きを読む

【アート】極彩色のコスモノート、ソ連の宇宙開発グラフィック(24枚)

USSR-Space-01

 以前にはハンガリー唯一の宇宙飛行士ファルカシュ・ベルタランをリスペクトしたPV、ケレケーシュ・バンドの「Cpt. Space Wolf」をご紹介しました。彼らはPVを制作するために旧ソ連時代の宇宙開発のグラフィックイメージを多く使用していたわけですが、今回お届けするのもそんな一連の画像。
 ソビエト連邦時代の切手やマッチ箱のラベル、絵ハガキなど、当時の宇宙開発をプロパガンダする画像のコレクションです。独特の発色が美しい。

続きを読む

【動画】ソ連的スペース・エイジのコラージュPV「Cpt. Space Wolf」

Kerekes Band

 ハンガリー人として初めて宇宙に旅立ったファルカシュ・ベルタランをリスペクトした、ケレケーシュ・バンド「Cpt. Space Wolf」のオフィシャル・ビデオ。
 旧ソ連時代のプロパガンダ・イメージをコラージュアニメとして使用した、すごくクールなPVになってます。ちなみにベルタランはハンガリー唯一の宇宙飛行士であり、1980年5月26日にソユーズ36号で宇宙に出たという人。
 ケレケーシュ・バンド(Kerekes Band)って初めて知ったけど、こうして自国の英雄をフィーチャーするって、形はともあれカッコいいね。

続きを読む

【画像】見えない「ベルリンの壁」、宇宙から見たベルリンの夜景が興味深い

2062966118_a6ac9f3e32

 1998年11月に破壊されるまで、ドイツを東西に分割していたベルリンの壁は分断時代のドイツを象徴すると同時に、まさに冷戦を象徴する存在のひとつでした。その翌年の1990年、統一ドイツが誕生してからすでに23年の年月が経過しています。
 しかし宇宙から見たベルリンの姿は、未だ消えずに残されている、見えない“壁”の存在をまざまざと浮かび上がらせていました。

続きを読む

【歴史】19世紀のエイリアン・パニック? 天文学者が認めた月面人類の想像図が興味深い

THE GREAT MOON HOAX OF 1836

 スピードラーニングの元祖「家出のドリッピー」も懐かしい――といっても誰も知らないかもしれないけど、名優オーソン・ウェルズの「宇宙戦争事件」がアメリカで起こったのが、1938年のことでした。
 火星の侵略者が地球に襲来するというウェルズのラジオドラマが迫真を極めていたことから、市民にパニックを引き起こしたという一種の都市伝説なわけですが、ソコからさかのぼること、ほぼ一世紀。
 なんと1839年に、天文学者が宇宙人騒動に加担していたそうですよ。

続きを読む

【アート】フランク・R・パウルの未来、1940年に描かれた太陽系の生物と人類

frp

 以前にSFアートの礎として紹介したフランク・R・パウルは、SF黎明期のパルプ雑誌「アメージング・ストーリーズ」のカバーイラストを手掛けるなど、サイエンス・フィクションの世界に多大な功績を残すアーティスト。
 伝説的なSFパルプ雑誌にあまねく足跡を残すパウルなわけですが、今回ご紹介する作品は、彼が1940年頃に描いた、人類と“太陽系の異生物”との交流を中心にまとめられたもの。
 ジフ・デービス社により1939年から1953年にかけて発行された、「Fantastic Adventures」誌に掲載された作品とのことですが、パウルらしい極彩色の配色と大胆な構図は、やはり格別に魅力的です。

続きを読む

【動画】もし月の代わりに他の惑星があったら?

womoon07

 地球から月までの距離はおよそ38万キロですが、毎年3センチほどずつ遠ざかっているのだそうです。
 有史以前から人間にとって身近な存在であった月ですが、その月と同じ距離に太陽系の惑星があれば、それは地球からどのように見えるのだろうかというのを再現した動画が、ご紹介する映像。

続きを読む

【画像】20世紀の宇宙計画、貴重なパンフレットのカバーデザイン(20枚)

Twenty Awesome Covers From The US Space Program

 20世紀にアメリカで行われた数多くの宇宙計画から、マニュアルやガイドブック、記者会見のための資料一式、レポートやパンフレット等など――洗練されたタイポグラフィとデザインを示す貴重な資料は、4月18日にヘリテージ・オークションに出品されるものの一部だそう。
 アポロ計画にスカイラブ、実にワクワクさせるコレクションです。

続きを読む

【動画】アポロ計画のロケットエンジンを深海から回収、Amazon 創始者が引き揚げに成功

20130322-11424224-saturnvengine2

 人類初の有人宇宙飛行として計画されたアポロ計画は、米ソ冷戦下のスペースレースの最中、アメリカの威信をかけた一大事業として行われました。
 そのアポロ計画で使用された「サターン5型」のエンジンが大西洋の深海から引き揚げられたと発表されたのは、去る20日のこと。
 サターン5型の第一段ロケット S-IC に使用された「F-1ロケットエンジン」2基の一部が引き揚げられたというものですが、回収計画に成功したのは米インターネット通販大手 Amazon 創業者のジェフ・ベゾス氏らによるチーム。

続きを読む

【画像】火星基地はユタ州にあった、有人火星探査シミュレーション施設「MDRS」

Mars base in Utah 01

 アメリカでもっとも火星に環境が近いとされる、米ユタ州サンラファエルスウェルの砂漠地帯にあるのは、火星砂漠研究基地(Mars Desert Research Station:MDRS)と呼ばれる火星での活動を想定した実験施設。
 火星の探査および植民を目的とするNPO団体「火星協会」が所有・運営しているもので、専門家や学生で構成されるチームが、約2週間ごとに交代しながら火星での生活を想定した滞在活動を続けています。

続きを読む

【画像】ロシアの隕石落下事故、初めてスタジオ撮影されたチェリャビンスク隕石

fotosesiyameteorita-1

 2013年2月15日、世界中を駆け巡った衝撃的な映像も記憶に新しい、ロシア・チェリャビンスク州の隕石落下
 その中でも、厚い氷に閉ざされた同州チェバルクリ湖に隕石によって開けられた巨大な穴のことを覚えている方もいるかもしれません。
 ご紹介するのは、チェバルクリ湖付近で発見された小さな隕石のかけらの画像ですが、これは初めてスタジオ撮影されたチェリャビンスク隕石だとのこと。上空15kmから50kmで爆発し、複数の破片に分裂して落下したものだと見られています。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード