付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

お色気


【画像】往年のストリッパーたちの鮮烈画像(15枚)

striptease04

 パリ出身のフォトグラファー、マリー・バロネットによるアメリカでの伝説的なストリッパーたちのポートレートシリーズ。
 かつての自分を思い出しながら、生き生きとポーズをとる姿には往時の色香が重なって見えてきます。熟女好きの方にはお勧めでしょうか、というか婆ちゃんですけど。

続きを読む

【画像】成人雑誌「PLAYBOY」から、鉄のカーテンの国の女性ヌード(1964年)

tn

 1953年にヒュー・ヘフナーらによって創刊されたアメリカの成人向け男性誌「PLAYBOY」から、64年出版というソビエト美女の特集号。
 冷戦のただ中に発行された誌面から抜粋されたものですが、表紙を飾ったのは Olga Skoberova というチェコの女優であったようです。表紙にも「ロシアと鉄のカーテンの国の女の子たち」という文字が確認できます。

続きを読む

【動画】フラフープ・カメラで水着美女を撮影、バーニングマン2012

Hula Cam at Burning Man 2012

 先月8月の最終月曜日から一週間にわたって行われた「バーニングマン2012」で撮影された映像のようですが、フラフープに小型カメラ GoPro を搭載して撮影された驚くべき映像をご紹介。
 フラフープを使った撮影は、以前にヘレン・バックリーさんによって撮影された映像を紹介したことがありましたが、イベント真っ只中の自由な空気の中で撮影された映像には、また違った世界観が感じられて楽しい。

続きを読む

【動画】70年代ハードコア伝説「ディープ・スロート」をオリジナルで(18禁)

deep-throat-gorge-profonde-image0-

 リンダ・ラヴレース主演によるポルノ映画「ディープ・スロート」は1972年アメリカ公開。以前に、初めて一億ドルを稼いだポルノ映画として記事で触れたことがあったんですが、今回は正真正銘のオリジナル動画をご紹介。
 うーん....付録部的には「大丈夫か? これ紹介して?」と思うんだけど、もはや70年代のポップカルチャーを語る上で欠かせない作品であることは事実で、映画史的にも貴重な作品でもあります。
 
続きを読む

【話題】サンフランシスコでSM映画のスタジオ・ツアーが開催中(画像29枚)

com 06

 SMポルノ制作会社 Kink.com は、緊縛愛好家のピーター・アクワースが97年に開設した会社ですが、その Kink がサンフランシスコのミッション地区にあるモリースタジオで2012年5月に始めたというウォーキングツアーは、ガイドの女性による案内で、映画で使用した小道具やセットの数々を観覧できるというもののようです。

 ある種、いい意味で特化した会社のようで、小道具の数々はコダワリを感じるものばかり。1997年に開設した若い会社とは思えない充実した小道具のコレクションは、中世の拷問器具を思わせるものからSFシチュエーションのものにいたるまで、ちょっとした博物館の趣です。

続きを読む

【画像】スペインのニューハーフたちの生活(24枚)

011

 フォトグラファーの Paola de Grenet 氏による、スペインのトランスセクシャルを撮影したシリーズ「Life as a Transsexual」。
 Grenet 氏はロンドンで写真家としてのキャリアをスタートさせ、現在はバルセロナで雑誌の仕事をしているそうです。
 息遣いを感じさせる、とても美しい写真。

続きを読む

【画像】トップ・アスリートのヌード作品集「Bodies We Want」

00

 米ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のスポーツ専門チャンネル「ESPN」の展開するビジュアル・シリーズ“Bodies We Want”は、トップアスリートたちのヌードをテーマとしたもの。
 性器および女性の乳首が隠されることが前提となっていますが、こうした作品を大手スポーツチャンネルが展開するあたりは日本との違いを感じざるを得ないところ。鍛えあげられた肉体は、それぞれに美しいです。

続きを読む

【PV】きわどすぎるセクシーストップモーション「Amanda Palmer - Want It Back」

Amanda Palmer & The Grand Theft Orchestra

 ドレスデン・ドールズのボーカルとしても知られるアマンダ・パーマーが、「アマンダ・パーマー&グランド・セフト・オーケストラ」として発表した映像は、ストップモーションによって描かれる、かなりセクシーなミュージックビデオ。
 クラウドファウンディング「キックスターター」のキャンペーンで新記録を達成したことも話題となった彼女ですが、ジム・バットによって監督されたこの映像も波紋を呼びそうです。

続きを読む

【画像】60年代アメリカのストリッパーたち(30枚)

00

 ロシアのサイトでまとめられていた、60年代のアメリカにおけるストリッパーたちの画像。
 黒人によるフリーダムライドや公民権運動、ゲイ運動や女性運動、ニューレフト(新左翼)による学生運動など、どこか日本とも重なるマイノリティによるエネルギーに満ちた60年代のイメージは、様々な矛盾をはらみながら、一方では性的なタブーがオープンとされていった時代でもあったようです。

 サイトの説明によれば、“性的革命”の症状の一つがストリップクラブの膨大な数の出現であったようで、これらのストリッパーたちの写真は、その一面を垣間見せてくれます。

続きを読む

【画像】身体改造デコラティブ「コルセット・ピアス」の画像集(27枚)

Modification

 久々の身体改造ネタですが、ボディ・モディフィケーションの中でもコルセットピアスと呼ばれるものだそうです。
 いわゆるボディピアスをスニーカーの紐のように結んでコルセット状にしてしまうというわけですが、コルセットといえば言わずと知れた女性用ファウンデーションの一種。矯正下着ですから、かつてのコルセットも一種のボディ・モディフィケーションといえるのかもしれません。
 なにしろコルセットの締め付けで気を失ったり、肋骨が変形する女性もいたという記録も残っているくらいだから、完全に身体改造です。

 さて、こうして見るとコルセット・ピアッシングというのはなかなか魅力的です。女性限定でお願いしたいところですけど。

続きを読む

【動画】ロンドンで開催されたSMイベント「日本緊縛美の祭典」

London Festival of the Art of Japanese Bondage

 2009年からロンドンで毎年開催されている「ロンドン緊縛美の祭典(London Festival of the Art of Japanese Bondage)」。
 映像は2011年9月開催のものですが、日本発祥のSMロープワーク「Kinbaku(Shibari)」は今や世界的な広がりを見せており、SMpedia によると、同祭典はロンドン在住の緊縛師 Esinem(映像にも登場)と Garry Vanderhorne の企画により第1回LFAJBが開催されたのだそう。

 2011年の祭典では、一鬼のこ(はじめ きのこ)、風見蘭喜、海月くらげ、エロ王子、紫護縄びんご、音縄、吉田よい、若林美保、結奈美子らが参加したそうです。ちなみに画廊で開催される立派なアートフェスでございます。

続きを読む

【話題】動物権利団体「PETA」がポルノサイトをオープン

original

動物の倫理的扱いを求める人々の会」こと通称:PETA は、取得済みの PETA.xxx ドメインでアダルトサイトをオープン。
 中途半端なセクシーフォトとか、ハードコア映像(※動物の虐待ビデオ)とか"セックスのヒント"セクションで菜食主義のススメとか閲覧できます。

 そういえば以前にも記事にしていた、PETAの成人向けコンテンツ。準備期間が長かったわりに全然もの足りない。

続きを読む

【動画】悪魔化する淫夢「Skrillex - The Devil'S Den」

THE DEVIL'S DEN

 ソニー・ムーアこと、エレクトロ・アーティスト「スクリレックス(Skrillex)」の官能的なミュージックビデオを制作したのは、スパイ・フィルムズの映像ディレクターである Arev Manoukian 。新婚の男が陥る悪魔的な淫夢を描いた、とってもホラーでエロティックな映像になっております。

 かなり刺激的な内容になっていますので、くれぐれも職場で見ないようご注意。というか非公式なのかこれ。

続きを読む

【動画】集団全裸オペラふたたび - Tableau Vivant

Tableau Vivant

 以前にもご紹介した全裸オペラの新作というか、よく見るとUPされたのは一年前のようですが The Delirium Constructions Plus というパフォーマンス集団による、オペラで活人画を再現するシリーズ。

 映像はNYのパワーハウス・アリーナで行われた、ダンボ・アート・フェスティバルという催しの中で披露されたもの。オペラと集団ヌードを組み合わせた“ミニ・タブロー”というパフォーマンスのようです。

続きを読む

【アート】なんという肉感!剥き出しのグロとエロスの奇形的オブジェ(20枚)

Jason Briggs 08

 ついブラックジャックに出てくるピノコの誕生エピソード「畸形嚢腫」を思い出してしまいましたが、異様な肉感を持つオブジェは、米テネシー州在住の彫刻家ジェイソン・ブリッグス(Jason Briggs)によるアートワーク。
 ブリッグス氏による作品は磁器により制作されており、様々の肉体の部位が一塊の物体として表現されています。肉体表現の新たなアプローチとでもいうべきものでしょうか、凄まじいエロティシズムを感じます。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード