skull

 先日『キカイダー REBOOT』の記事を更新したものですから、不謹慎ながらハカイダ―を思い出してしまった医療関係の記事をご紹介。
 慢性骨疾患に悩まされてきたオランダ人女性が、3Dプリントで印刷された頭蓋骨モデルの移植手術に成功したのだそうです。
 世界初の移植手術に成功したのは、ユトレヒト大学医療センターの神経外科医チーム。大学側は、これが患者に拒否されずに行われた3Dプリント頭蓋骨の最初のインスタンス(交換)であると発表しています。

skull2_3

 被手術者となった22歳の女性は、慢性的な骨疾患に悩まされており、すでに頭蓋骨の厚さが1.5センチから5センチへと肥厚していました。
 分厚くなった頭蓋骨により激しい頭痛や視力の低下に悩まされており、医療チームは頭蓋骨そのものを取り外すことで、症状を取り除く以外の方法はないとの判断に至ったそうです。

 そのために選択されたのが、3Dプリンターによる代替頭蓋骨の出力。

 これにより彼女の脳頭蓋の大半は、耐久性プラスチックの人工頭蓋へと交換されることとなりました。要した時間は、およそ23時間という大手術。
 執刀医をつとめた Bon Verweij 医師によれば、患者の頭蓋骨は交換手術を行わなければ重篤な脳障害を引き起こし、場合によっては死に至る可能性さえ生じていたレベルにあったそうです。

skull

 Verweij 医師は「このまま放置すれば重要な脳機能が失われ、死を招くばかりだった」と語っており、肥厚した頭蓋骨を取り換える以外に有効な方法はなかったことを強調します。
 事実、手術から3ヶ月が経過した現在でも術後は良好で後遺症もなく、女性は職場復帰を果たすことができたそうです。幸いなことに、低下していた視力も回復したらしい。

 ただし、これほど大掛かりな頭蓋骨の置換は初めての術例であり、同じインプラントが一生涯使用可能か、あるいは定期的な交換が必要かどうかなどは現時点では不明とのこと。
 この術例が、他の骨疾患患者や、事故や腫瘍で深刻な損害を受けた頭蓋骨を修復するための技術になることが期待されています。



[Via. Wired.UK]

3Dプリンター導入&制作 完全活用ガイド3Dプリンター導入&制作 完全活用ガイド
原 雄司

技術評論社 2014-01-23

3Dプリンター導入&制作 完全活用ガイド