sagrada familia

 アントニオ・ガウディ未完の大作として、2026年の完成を目指して今だ建築が続けられているサグラダ・ファミリア(聖家族贖罪教会)が、完成すればどのようなファサードを示すことになるのか、その過程を1分30秒という短い時間でシミュレーションした動画をご紹介します。
 周囲の建築物と比較して、その完成イメージは存在感・量感において圧倒的としか言いようがありません。



 1882年の着工から実に134年を予定される建築計画は、人類の成し遂げようとする芸術活動の中でも壮大さにおいて現代最大のものかもしれません。そんな建築計画ですが、まだまだ道半ばだということがよくわかります。

 一説には完成したサグラダ・ファミリアは巨大な楽器のような構造になると聞いたことがありますが、これだけ気宇壮大な建築計画をデザインしたガウディはもちろん、それを実行できることに驚きを禁じ得ません。

サグラダ・ファミリア: ガウディとの対話サグラダ・ファミリア: ガウディとの対話
外尾 悦郎 宮崎 真紀

原書房 2011-11-17

サグラダ・ファミリア: ガウディとの対話