manray

 本名をエマニュエル・ラドニツキーというマン・レイは、写真家でありダダイスト、また画家や彫刻家としての顔も持っています。個人的には写真家としての印象が大きいのですが、勿論これは私的なお話。掴みどころのないのが魅力なのかもしれません。
 そんなマン・レイですが、幾つかの映像作品も残しています。
 ご紹介する『L'Etoile de Mer』は1928年の作品で、彼にとって3作目の監督作品となります。同じ年に製作された映像作品としては、ブニュエルとダリによるシュルレアリスムの代表的傑作『アンダルシアの犬』がありますね。

man-ray-and-salvador-dali
(ダリとマン・レイのツーショット。2人とも眼がイっちゃってます)

 さて、動画の『L'Etoile de Mer』は、フランス語で「ヒトデ」という意味らしい。詩人のロベール・デスノスの一篇の詩に触発された映像は、抽象的ながらも男女の悲恋を描いた佳作となっています。
 その他の作品も、機会があれば......。そうそう、当時マン・レイの恋人であった、キキことアリス・プランも出演しています。
 『アンダルシア〜』の存在が大きすぎますが、これはこれで魅力的。



美の20世紀〈11〉マン・レイ (美の20世紀 11)美の20世紀〈11〉マン・レイ (美の20世紀 11)
アレクサンダー ゲイムス Alexander Games

二玄社 2007-10
売り上げランキング : 382758

Amazonで詳しく見る
by G-Tools