Goodnight Sweet Pakman

 驚異のアレンジ力で、ゲームの『パックマン』をギャング化してしまったのは、映像クリエイターのクリス・ウェラーさん。もともとは、「コンプレックス」と名付けられたスケッチ・コメディで使用する映像として作られたものだそうです。
 マシニマ・インタラクティブ映画祭に出品予定だという、この作品。好みは分かれそうですが、その毒気がいいのかもしれない。
「Pac-Man」じゃなくて「Pakman」なのが変だなーと思って検索したら、サニーの「Pakman」というコピーゲームが出てきた。

PAC-MAN & Galaga DIMENSIONS (パックマン&ギャラガディメンションズ)PAC-MAN & Galaga DIMENSIONS (パックマン&ギャラガディメンションズ)

バンダイナムコゲームス 2011-06-23
売り上げランキング : 4817

Amazonで詳しく見る
by G-Tools