War of the Worlds

 映画に限らず、一つの作品を完成させるまでには様々な試行錯誤や通過儀礼があるわけで、今回はそんな貴重なテストショットやスクリーンテストなど、普段見ることのない貴重な映像の一部をご紹介します。
 調べていると、なかなか興味深いエピソードもあったりして面白い。
 個人的には、ハリーハウゼンのプロモーション・フィルムにグッときてしまうわけだったりしますが。

■スタートレック:フェーズII



 スタートレック『ザ・モーションピクチャー・ドキュメンタリー』より、1970年代に入ってからの新「スタートレック」シリーズとして予定されていた、『スタートレック:フェーズII(Star Trek: Phase II)』の興味深い動画。
 当初スポックを新しいバルカン人のキャラクター、「Xon(ゾン)」へと変更する予定として撮影された、俳優 David Gautreaux のテストショットなどを含む、関係者の証言映像が収録されています。実現していれば、1978年に13話のシリーズが放映されていたことになりますね。


■宇宙戦争



 “ストップ・モーションの神様”レイ・ハリーハウゼンが、ラジオ朗読劇が引き起こした「宇宙戦争事件」でも有名な、H.G.ウェルズ原作『宇宙戦争』の映画化を希望して自ら撮影した、16mmフィルムによる貴重なデモ映像。
 彼は企画を実現させるためにウェルズに手紙さえ書きましたが、映画化が実現したのはジョージ・パル製作による、1953年の『宇宙戦争』でした。

関連エントリー


■LOST



 日本でも話題となったアメリカのTVドラマ『LOST』で、ソーヤー役を射止めるためにオーディションを受けたマシュー・フォックスのテスト映像。
 実際にはジョシュ・ホロウェイがソーヤー役を獲得し、マシュー・フォックスは主人公のジャック・シェパード役を演じることとなりました。


■スパイダーマン



 サム・ライミ版『スパイダーマン』のために、トビー・マグワイアが撮影したスクリーンテスト映像。上半身裸であるのは、肉体の動きをより分かりやすく確認するためでしょうか?
 本編よりもかなりアクティブにアクションをこなす、ピーター・パーカーの姿がそこにあります。ちょっとブルース・リーっぽいイメージ?






 こちらもスパイダーマンから、採用されることのなかった「グリーン・ゴブリン」の、アニマトロニクスを併用したマスクのテストショット。スパイダーマンというよりは、ファンタジー作品で見てみたいようなイメージですね。


■007 オクトパシー



 3代目ジェームズ・ボンドとしての出演に飽きがきていたロジャー・ムーアが、当初は降板を希望していた、007シリーズ第13作『007 オクトパシー』。次のボンド候補となったのが、ジェームズ・ブローリンでした。
 そんな彼が撮影した、スクリーンテストがこちらの映像。ムーアが復帰したことでブローリン版ボンドが実現することはありませんでしたが、なかなかどうして、味のあるボンドが誕生していたかもしれません。

関連エントリー


■ハリー・ポッターと賢者の石



 もはや懐かしい感じだなあ....映画『ハリー・ポッター』シリーズで、主人公ポッターを演じたダニエル・ラドクリフですが、実はデビュー作は1999年に製作されたBBCのドラマ『デビッド・コパーフィールド』なのだそうな。
 そんな彼の、当時11歳の初々しいスクリーンテスト映像がこちら。途中でちょっとだけ音声が途切れますが、あまり気になさらぬよう。


■トランスフォーマー



 マイケル・ベイ製作の『トランスフォーマー』が製作される中での、かなり早い段階ではないかと思われるスクリーンテスト。とても短い映像ですが、当初はかなりアニメ版っぽい単純な変形形態だったことがわかります。


■スターウォーズ 新たな希望



 1977年の映画『スター・ウォーズ(新たなる希望)』でルーク・スカイウォーカーを演じた、マーク・ハミルのテスト映像。同席しているのは、ハン・ソロ船長を演じている、ご存じハリソン・フォードです。


■バットマン(TVシリーズ)



 1966年のテレビ番組ではアダム・ウェストとロビン役のバート・ウォードが演じていた『バットマン』のテスト映像として、バットマン役をライル・ワゴナー、ロビン役をピーター・デイエルとして制作されたパイロット映像。
 ワゴナーさんはバットマン役さえ逃したものの、リンダ・カーター主演の『ワンダー・ウーマン』では、お相手のスティーブ・トレバー少佐を演じていました。


■ワンダーウーマン



 で、こちらは以前に記事にしていましたね。
 リンダ・ハリソン演じる、パイロット版『ワンダーウーマン』。何度見ても違和感ありすぎですが、アメコミを忠実になぞってはいるのかしらん?

関連エントリー


■スーパーマン ライヴズ



 こちらは有名なボツ案、ティム・バートン版のディスコっぽいスーパーマンのスーツ。今や『マン・オブ・スティール』の公開を控えていますが。

関連エントリー


■アイアンマン



 現在公開中の『アイアンマン3』の話題もありますが、こちらは2008年のロバート・ダウニーJr. のスクリーンテスト映像。うーん....それだけですね。


■レイダース/失われたアーク



 1981年の映画『レイダース/失われたアーク』、というよりインディ・ジョーンズという名前の方がメジャーなのかもしれないですが、当初の「レイダース」は、インディ役に『未来警察』のトム・セレックが予定されていました。
 しかし当時のセレックさんはテレビを中心に人気絶頂期であったため、自らこの役を断っています。
 そしてハリソン・フォード演じるインディアナ・ジョーンズが登場するわけですが、結果オーライでいえば、これほど幸運な配役は無かったでしょう。

(Via.io9)

クリエイターのためのSF大事典クリエイターのためのSF大事典
高橋 信之

ナツメ社 2013-01-22
売り上げランキング : 152475

Amazonで詳しく見る
by G-Tools