2-Head-Shark

 メキシコ湾で発見された双頭のサメは、ミシガン州立大学の調査によると、科学者によって確認された中では世界で最初のものであるという。
 漁師によって引き揚げられた成体のサメの子宮内から発見されたとのことですが、一般的に結合体双生児と呼ばれる中でも、特に Polycephaly と呼ばれる現象で、自然界で確認されることは極めて珍しいそうです。

two-headed-sharks

 この報告は the Journal of Fish Biology に3月25日付で発表されたもの。サメの発見は2011年4月7日のことであるようです。
 報告書の共同執筆者であるマイケル・ワグナー氏は、「あなたはもしかすると、双頭のトカゲや蛇のいくつかの例をご覧になったことがあるかもしれません」と触れた上で、「しかし、それらの生物は飼育下で繁殖された中で、ブリーダーによって異常が発見されたものなのです」と語っています。

two-headed-shark-radiograph

 氏によると、こういう奇形の生物を自然界で発見することは極めて珍しく、また、そのほとんどが出生直後に死んでしまうとのこと。
 そういえば、以前に単眼でアルビノというサメをご紹介したことがありましたが、この事例も漁師によって引き上げられたサメの腹の中から発見されたというものでした。

two-headed-bull-shark-fetus

 ワグナー氏は幾つかの汚染物質の影響を受けて奇形が発生したかもしれないという可能性に触れる中で、2010年の「メキシコ湾原油流出事故」との関連性を指摘しています。


 
 なお、メキシコ湾での原油流出事故においては、アルジャジーラが奇形の水産物が続出しているという報告を行っています。

(Va.Scientists confirm first 2-headed bull shark / Live Science)

サメのおちんちんはふたつ―ふしぎなサメの世界サメのおちんちんはふたつ―ふしぎなサメの世界
仲谷 一宏

築地書館 2003-08
売り上げランキング : 219550

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 関連エントリー
単眼でアルビノ、複数の奇形をもつサメが発見される