zombie-walk-flickr

 米モンタナ州のローカルテレビ局 KRTV の緊急警報システムが何者かにハッキングされ、アラートメッセージと共にゾンビの発生を警告する音声が流される事例が発生したもようです。
 KRTV.com によると、11日(月曜日)に KRTV とそのCWステーションの緊急警報システム(EAS)にハッカーが侵入、アラートメッセージが外部からの侵入によって流されたとのこと。



 犯人によって流されたボイスオーバーは、「墓から起き上がった死体が人を襲っている」と警告を発し、「彼らはとても危険であるため、近寄ったり取り押さえようとしないでください」と呼びかけています。

 KRTV は、グレートフォールズ及びモンタナ州北・中部を放送エリアとするCBS系列のテレビ局。翌12日17:58発信の続報によると、月曜日のサイバー攻撃中に少なくとも4つのテレビ局がデマの犠牲になったとのこと。
 ミシガン州マルケットのテレビ局 WBKP と WNMU 、ニューメキシコ州アルバカーキの KNME / KNDM 、そしてグレートフォールズの KRTV の各局がハッカーの被害を受けたそうです。



 なお、モンタナ・テレビネットワーク副社長であるジョン・サンダースは、「KRTV と同様、他のいくつかのネットワークもEASシステムに侵入され、サイバー攻撃による被害を受けました。我々は現在、何が行われたのを調査しています」との声明を発表しています。

(Via.Great Falls Tribune / VentureBeat)

ゾンビ襲来: 国際政治理論で、その日に備えるゾンビ襲来: 国際政治理論で、その日に備える
ダニエル ドレズナー 谷口 功一

白水社 2012-10-24
売り上げランキング : 46653

Amazonで詳しく見る
by G-Tools