img_470618_27834165_0

 イカが空を飛ぶなんて、いかがわしい感じがしますが、れっきとしたホントの話――。飛行するイカの連続写真を世界で初めて撮影することに成功し、その飛行行動を詳らかにしたのは、北海道大学・北方生物圏フィールド科学センターの山本潤助教授らによる研究グループ。
 外洋性のイカには高度に発達した飛行能力が備わっていることが、これにより証明されました。

squid_2474593b

 今月5日、ドイツの科学誌「Marine Biology」に掲載された論文は山本教授と撮影者である北海道大大学院修士課程の村松康太さんら、6名による共同論文となっています。
 それによると、写真が撮影されたのは2011年7月25日。捕食者からの逃避行動強化のための進化と見られ、漏斗を用いたジェット推進とヒレなどを用いた揚力の双方を駆使し、海上を飛行するのだそうです。

20130208-308987-1-L
(2011年7月、村松さん撮影)

 飛行するイカは、北大水産学部所属の練習船「おしょろ丸」で千葉県の東方約600キロメートルの北西太平洋沖を航行中に観察されたもので、船首波で驚いたとみられるイカの群れ約100匹が水面から飛び出したとのこと。
 イカが水面から飛び出すことは知られていましたが、その様子を連続写真として捉え、メカニズムを明らかにしたのは世界で初めてのことです。

 村松氏らの研究により、イカによる“飛行フェーズ”は4段階に分類できることがわかっており、

1. 飛び出し
 外套膜に吸い込んだ海水を漏斗(ろうと)から勢いよく噴出することで、水面から飛び出す。

2. 噴射
 漏斗から水を噴射し続けることにより、空中で加速。揚力を得るために、ヒレと腕、さらに腕の間にある保護膜を翼状に変形させる。

flyingsquid-thumbnail2
(”トビイカ”の飛行形態)

3. 滑空
 噴射が尽きると、飛行形態で滑空。ヒレと保護膜による“翼”を使い、また体を進行方向にやや持ち上げた姿勢(ピッチ・アップ)でバランスをとる。

4. 着水
 ヒレを外套膜に巻きつけて腕をたたみ、ピッチ・ダウンの姿勢で着水の衝撃を減少させる。

ALeqM5hdrfCTqRixwhR1ujF67cL2KrE_LQ
(画像:AFP

 撮影されたイカは「アカイカ」あるいは「トビイカ」と見られており、水面から2度飛び出したそうですが、時速約36キロまで加速し、3秒間でおよそ30メートルを飛行したと分析されています。また、滑空時の高さは2〜3メートルに達していたそうです。
 村松さんらは、「マグロやイルカなどの襲撃から逃れる行動として、イカが飛行能力を高度に発達させた可能性が高い」と話しています。

(Via.ナショナルジオグラフィック / 北海道ニュースリンク)



イカはしゃべるし、空も飛ぶ―面白いイカ学入門 〈新装版〉 (ブルーバックス)イカはしゃべるし、空も飛ぶ―面白いイカ学入門 〈新装版〉 (ブルーバックス)
奥谷 喬司

講談社 2009-08-21
売り上げランキング : 6662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools