img_01

 若かりし日に画家を志した後の独裁者アドルフ・ヒトラーですが、ウィーン美術学校を二年にわたって受験した記録が残されているものの、ともに不合格という結果に終わっています。
 同時期に入校を許された人物にエゴン・シーレなどがいますが、自らを古典派と称したヒトラーは前衛芸術を志す者を嫌っていた節があるようです。一方で苦手な頭部デッサンを未提出のままなど受験姿勢に首を傾げる部分も多く、二度目以降は予備試験にも受かることはできなかったのだとか。

 悲惨だったウィーン時代が彼のその後にどのような影を落としたのか、そんなヒトラーの絵画集をお届け。
 時代ごとに並べられているので、けっこう貴重かもしれない。

02
img_02
“Oedensplatz” (1914)

03
img_03
“Colored House”

04
img_04
“Musician by Old Town Well” (c. 1910–1912)

05
img_05
“Rolling Hills”

06
img_06
“Large Colored Pansies”

07
img_07
“Town Scene with Unusual Store Sign Post”

08
img_08
“Castle Battlements” (1910)

09
img_09
“Vienna Opera House Corner Scene” (1911)

10
img_10
“Die Peterskirche in Wien” (c. 1910–1912)

11
img_11
"Schloss u. Kirche Perchtoldsdorf” (c. 1910–1912)

12
img_12
“Country Church” (1914)

13
img_13
“Munchen Hoftheater” (1914)

14
img_14
“White Orchids” (circa. 1913)

15
img_15
“Munchen Siegestor” (1913)

16
img_16
“Die neue Hermannsmuhle” (1913)


 第一次世界大戦の時代(1914年から1918年)

 第一次世界大戦において、ヒトラーはバイエルン第16予備歩兵連隊の伝令兵として配属され、西部戦線の北仏・ベルギーなど幾つかの会戦に従軍しています。この頃、時間の許された時に幾つかの絵画を残しており、また軍の新聞に漫画を描くなども行っていたようです。

17
img_17
“Smoking Tank” (1916)

18
img_18
“War Torn Town” (1918)

19
img_19
”Battlefield Wall” (1918)

20
img_20
“Destroyed Town of Ypres” (1916)

21
img_21
“Tank Battleground” (1916)


 後期(1924年から1939年)

 帰還したヒトラーは1923年に参加したミュンヘン一揆に失敗し、ランツベルク刑務所の獄中で自著「我が闘争」を執筆。
 ナチス――国家社会主義ドイツ労働者党に加わることとなります。

22
img_22
“Informal Dining Room Long View”

23
img_23
“Informal Dining Room Long View”

24
img_24
“Munchen Strassenbahn” (1925)

25
img_25
"Am Basler Tor" (1933)

26
img_26
  Schloss Lamberg Steyer – Vienna Period (c.1910–1912)

(Via.Environmental Graffiti)

ヒトラーのウィーンヒトラーのウィーン
中島 義道

新潮社 2012-01-18
売り上げランキング : 151861

Amazonで詳しく見る
by G-Tools