Aelita

 小惑星・アエリータはロシアのSF作家アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイの小説「アエリータ(火星へいった地球人)」から名付けられた実在する小惑星ですが、1924年に公開された同名のSF映画「Aelita」も、同じ小説を原作としたソビエト(旧ソ連)初のSF映画。

 作品の背景や内容の詳細についてはこちらなどが参考になりますが、キュビスムを思わせるセットのデザインなど、革命間もない頃のロシアン・アヴァンギャルドのスタイルが窺え、見どころも多い作品。
 ヴォードヴィル劇を見る感じで楽しめるかもしれない、アエリータの貴重な全映像です。興味のある方はご覧ください。



 ↓ 長尺版1時間50分。字幕翻訳できるので、鑑賞しやすいかも(?)

http://youtu.be/8NtDanwmgig

メジラプポム・ルーシ 1924年製作
[スタッフ]
原作:アレクセイ・トルストイ
脚本:アレクセイ・トルストイ
    フョードル・オツェフ
    A・フアイコ
監督:ヤーコフ・プロタザノフ
撮影:ユーリー・ジェリャプジスキー
    エミール・シューネマン
美術:セルゲイ・コズロフスキー
[キャスト]
アエリータ:ユーリア・ソーンツェワ
技師ローシ、友人スピリドノフ:ニコライ・ツェレテリ
ローシの妻、ナターシャ:V・クインジ
グーセフ:ニコライ・バターロフ
グーセフの妻:V・オルロワ
刑事:イーゴリ・イリンスキー
山師、エルリック:P・ポーリ
トゥスクブ:K・エッゲルト
[ジャンル] 長編劇映画
[サイズ] 35mm / スタンダード / モノクロ / サイレント
[上映時間] 1時間24分

(引用:ロシア映画社アーカイブス|アエリータ

アエリータ [DVD]アエリータ [DVD]

アイ・ヴィ・シー 2005-12-22
売り上げランキング : 114793

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 関連エントリー
カリガリ博士のフルムービーが見れるぞ(1920)