lobbycard

 ベラ・ルゴシ主演「魔人ドラキュラ」の監督でもあるトッド・ブラウニングによって、1932年に制作・公開されたアメリカ映画「フリークス」は、見世物小屋のスターであった実際の奇形者(フリークス)たちを大挙出演させたことで当時センセーションを巻き起こしたカルト作品。

 小人症のハンスの復讐劇を軸に、フリークスたちの悲喜劇を描いた作品ですが、その衝撃的なクライマックスと出演する奇形者たちの存在は大変な衝撃を与えたようで、刺激的すぎるシーンの大幅なカットが行われたものの、その後30年間イギリスでは公開禁止の処置を受ける結果となりました。
FreaksPoster
(公開当時のポスター)

 物語は、莫大な財産を相続することとなった小人症のハンスと、彼が岡惚れするサーカスの軽業師クレオパトラ、そしてハンスの婚約者であるフリーダらフリークスたちの悲喜劇と復讐劇を描くという魅力的なもの。
 しかし、この映画の失敗が原因で、監督のブラウニングは事実上のキャリアを失う結果となってしまいます。

 ところが、奇形のフリークスよりも資産家のハンスの殺害を企てるクレオパトラたち健常者の方が実は醜い心の持ち主だという、ある種の人間賛歌を内に秘めた物語は後に評価を高め、1994年にはフィルム遺産としてアメリカ議会図書館に保存されることとなります。



 なお、映画「フリークス」は、米国の非営利デジタルライブラリー「Internet Archive」においてもフリーダウンロードが可能となっています。

フリークス [DVD]フリークス [DVD]

ジュネス企画 2004-03-25
売り上げランキング : 50072

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 関連エントリー
カリガリ博士のフルムービーが見れるぞ(1920)
初めて映像化された「オズの魔法使い」、1910年制作のフルムービー
ピンク・フロイド「ザ・ウォール」の舞台裏とフルムービー