Paris-in-Colour-7

 フランスの実業家であったアルベール・カーンは、南アフリカの金鉱とダイヤモンド鉱への投機で莫大な財産を築き、1898年に自らの銀行を設立したという大富豪。
 後に私財を投じた「地球映像資料館」を設立し、世界約50か国へ写真家を派遣。72,000点余のカラー写真や約100時間に及ぶという、歴史資料としても極めて重要な100年前の世界を記録したことで知られています。
 ご紹介するのは、1914年に撮影されたパリのカラー写真。リュミエール兄弟が発明した、オートクローム技法により撮影されたものです。

02
Paris-in-Colour-1

03
Paris-in-Colour-2

04
Paris-in-Colour-3

05
Paris-in-Colour-4

06
Paris-in-Colour-5

07
Paris-in-Colour-6

08
Paris-in-Colour-8

09
Paris-in-Colour-9

10
Paris-in-Colour-10
(Via.Daily Mail)

アルベール・カーン コレクション よみがえる100年前の世界アルベール・カーン コレクション よみがえる100年前の世界
デイヴィッド オクエフナ 別宮 貞徳

日本放送出版協会 2009-08-25
売り上げランキング : 36049

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 関連エントリー
カラー写真の誕生、リュミエール兄弟による「オートクローム」写真
魅力いっぱい!パリのレトロ写真30枚 - ロジャー・ビオレのコレクションから