ff9aad4d-5ce4-4536-bb7d-cdcdcbd52614_1_0

 心的外傷後ストレス障害(Posttraumatic stress disorder:PTSD)の一種と考えられる「戦争神経症(戦争ストレス反応)」は、第一次大戦の頃には塹壕における爆音の影響で障害が出ると考えられていたことから、「シェル・ショック」と呼ばれていたそうです。
 症状は多岐に及び、兵士の発症するPTSDは独特の要件が多いことから、個別の病名を割り当てるべきという主張もあるようです。
 第一次世界大戦当時に撮影されたという映像には、四肢の麻痺や痙攣をみせる患者たちの、生々しい姿が写し出されています。



 動画に記録される患者たちは、英デヴォン州のシールヘイン精神病院に収容された元兵士たちの記録映像。多くの患者が独房で管理され、また電気ショック療法などの治療を受けていたようです。



(Via.Mail Online / 参考:ウィキペディア / 戦争神経症 - 航空軍事用語辞典++)

第一次世界大戦  忘れられた戦争 (講談社学術文庫)第一次世界大戦 忘れられた戦争 (講談社学術文庫)
山上 正太郎

講談社 2010-01-12
売り上げランキング : 76571

Amazonで詳しく見る
by G-Tools