9d59b1c5a1bcc5318aea00d873f4ed88

 失われていく日本の見世物小屋を撮影した映画「ニッポンの、みせものやさん」は、今や小屋掛けを行う最後の一軒といわれる大寅興行社に10年にわたって密着し、記録された貴重なドキュメンタリー。
 「ソレイユのこどもたち」で山形国際ドキュメンタリー映画祭特別賞を受賞した奥谷洋一郎監督は、お化け屋敷のアルバイトをきっかけに見世物小屋一座と出会い、旅を共にするようになったといいます。

 歴史をさかのぼれば室町時代にまで行き着くというアングラの華・見世物小屋ですが、最盛期には数百軒を数えた小屋掛けも、今や大寅さんと共に消えゆく最後のともしびなのでしょうか。



公式サイト

 大寅興業社を密着取材した映画「ニッポンの、みせものやさん」は、2012年12月8日(土)から 新宿K’s cinema(ケイズシネマ)にて上映。
 詳細については公式サイトやブログtwitterをご参照ください。



 なお、大寅興業社による見世物小屋は、例年通りであれば今年も新宿の花園神社・大酉祭(11月7日(水)・8日(木)の一の酉、11月19日(月)・20日(火)のニの酉)で見られるはず。

東京新宿鎮座 花園神社

 地元の縁日でもここ数年来、大寅さんの興業もお化け屋敷と投擲ゲームだけになってしまったっけ。機会があれば新宿にも足を運ぼうかしらん。

見世物稼業―安田里美一代記見世物稼業―安田里美一代記
鵜飼 正樹

新宿書房 2000-04
売り上げランキング : 486013

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

見世物小屋の文化誌見世物小屋の文化誌
鵜飼 正樹 上島 敏昭 北村 皆雄

新宿書房 1999-10
売り上げランキング : 630961

Amazonで詳しく見る
by G-Tools