Bone Collecto 09

 レイ・バンダルという名の老生物学者は、過去50年以上にわたり数千という動物の骨の収集を行ってきたそうです。
 サンフランシスコ近郊のリッチモンド地区で生まれた彼は、若くして動物標本の収集を始め、“爬虫類レイ(Reptile Ray)”というニックネームまで持っていたそうです。それから数十年、動物の死骸を収集し、洗浄する情熱は止むことはなく、カリフォルニア海岸で入手した海洋哺乳類2600体を含むコレクションは、今では7000体以上に膨れ上がっています。

Bone Collecto 01

Bone Collecto 02

 地元の動物園や博物館、剥製師、路上で車に撥ねられて死んだ動物、あるいは各地の旅行先でなど、あらゆる方法で入手したコレクションは、ご覧のように部屋を埋めつくしています。

 死体から骨を取り除き“洗浄”するためには、バクテリアや蛆虫、肉食の甲虫類を利用するなど実にナチュラルな方法を用いている様子。現在84歳だというレイさんは、今でもエキサイティングな出会いを求めて、北カリフォルニアの海岸を彷徨っているそうです。

Bone Collecto 03

Bone Collecto 04

Bone Collecto 05

Bone Collecto 06

Bone Collecto 07

Bone Collecto 08






(Via.SF Gate / odditycentral)

骨から見る生物の進化【普及版】骨から見る生物の進化【普及版】
J・ド・パナフィユー 小畠 郁生(監訳)

河出書房新社 2011-11-18
売り上げランキング : 91361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools