slon-006

 カルト王デヴィッド・リンチ不朽の名作「エレファントマン(1980)」のモデルとして、おそらく世界一有名なフリークといえるジョセフ・メリックの病気の謎を解明するためのプロジェクトが、近くロンドンで行われることが明らかとなりました。
 プロジェクトを実行するのは、メリックの遺骨を管理する英ロンドンのクイーン・メアリー大学の医科歯科科学部。生前に自らの病気の解明を望んだメリックの意思が、122年の時を経て実現されることとなります。

slon-002

 ジョゼフ・ケアリー・メリック(Joseph Carey Merrick)は、1862年ヴィクトリア朝時代のイングランドに生まれ、その特異な外見から「エレファント・マン」と呼ばれた人物。
 2歳の頃より顔や体の一部が膨張する謎の病気を発症(一説には生後21ヶ月の頃には変形の兆しを見せはじめていたとも)、感染症の一つである象皮病を疑われていましたが、近年では骨や皮膚などが肥大化する「プロテウス症候群」の可能性が高まっているそうです。

tn

 メリックのDNAを解明するプロジェクトには、同学部の副学部長で遺伝医学が専門のリチャード・トレンバス教授を中心に、医師やミイラのDNA鑑定を専門とする考古学者ら計6人が参加します。
 数週間以内にメリックと同年代の別の遺骨複数体を用いて有効な鑑定の方法を確認し、年内にはメリックの遺骨からDNAを採取するとしています。

slon-009

 鑑定は異常部分と正常な部分の双方から採取したDNAを元に検証されることとなっており、順調であれば来年後半にはメリックの病気の原因が解明されることとなります。

slon-010

 プロジェクトを指揮するトレンバス教授は、メリックの病気を解明する意義について、「同じような病気を持つ患者の治療に役立つ可能性がある」とし、また「病気の原因をはっきりさせることで、患者に対する社会的偏見を抑えられる」としているようです。

(Via.毎日.jp)

エレファント・マン [DVD]エレファント・マン [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2012-05-09
売り上げランキング : 1411

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 関連エントリー
三本の脚と二つの性器を持つ男、フランチェスコ・レンティーニの生涯